栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

米麹の効果とおすすめレシピ、食品成分表

米麹(米こうじ)には、アミノ酸や葉酸、モリブデンが含まれています。
その栄養効果として、筋肉増強、疲労回復、精神安定、貧血改善、粘膜の健康維持効果などが期待できます。

米麹(米こうじ)の効能

米麹(米こうじ)は、蒸した米に麹菌を加えて繁殖させたものです。デンプンを分解してブドウ糖にしたり、タンパク質を分解してアミノ酸にしたりする酵素を含んでおり、日本酒や甘酒、味噌を作るときに使われます。清酒や味噌に米麹を用いることで、香り高く仕上がります。日本で作られる味噌の8割は大豆に米麹が加えられており、江戸甘味噌や関西白味噌、九州麦味噌などがその代表です。

米麹の主要成分はアミノ酸と脂肪酸で、ビタミン・ミネラルでは葉酸とモリブデンが豊富に含まれているため、筋肉増強、疲労回復、精神安定、動脈硬化予防、貧血改善、粘膜の健康維持などの効果が期待できます。

米麹は、未開封の状態のものや味噌と合わせてしまったものは冷凍保存が可能です。冷蔵で保存したい場合は、生の米麹に塩を混ぜ込む「塩切り麹」にすると冷蔵保存が可能になりますが、甘酒を作ることはできなくなり、味噌作りのみに限定されるため注意が必要です。

生の米麹はスーパーなどでは販売されていませんが、通販で購入できます。ただし、商品によっては乾燥の米麹より生のほうが高価な場合もあります。

[スポンサーリンク]

米麹の人気&簡単レシピ

米麹で作る甘酒

お湯の量は800㏄位までOKですが、温度だけ気をつけて。糀菌は温度が高い状態が続くと死んでしまいます。冷やして(+氷)飲むことが多いので、少し濃いめに仕上げています。飲むとき、好きな甘さに調節してください。

米麹と炊飯器で甘酒

ポイントは、炊飯器の蓋を完全に閉めないようにして温度管理をしっかりすること。残ったものは冷凍保存しておけます。

米麹の甘酒ケーキ

メイプルシロップ、蜂蜜、ジャム、生クリームなどを添えて食べるとおいしさアップ!甘いケーキがお好きな方は、砂糖を50gほど加えてください。

乾燥米麹で醤油麹

1日1回混ぜ合わせるだけでとっても簡単。ただし、出来上がりの日数は気温によって変わります。清潔な容器を使い、ふたは少し開けた状態で作ってくださいね。完成品の保存は冷蔵庫で。

たった30分で!米麹から塩麹の作り方

60〜70℃のお湯を使うのがポイント。あまりにも高温だと菌が死んでしまうそうです。お湯を入れてからよくかき混ぜると、美味しい塩麹ちゃんになりますよ♪

みやここうじ(米麹)1kg

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1158 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ