栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

辛子酢みその効果とおすすめレシピ、食品成分表

辛子酢みそには、酵素やタンパク質、脂質、ナトリウム、カリウムなどが含まれています。
その栄養効果として、消化促進、代謝促進、高血圧予防効果などが期待できます。

辛子酢みその効果

辛子酢みそは、合わせ調味料である酢みそに辛子を加えたものです。使われるみそは白みそが多く、これに酢と辛子を加えます。酢みそそのものは酢と白みそをベースに砂糖やみりんを添加したものです。

白みそはゆでてタンパク質や糖質を失った大豆に精白米や着色が遅い麹を多く合わせ、短期間の熟成を行うことで作られます。熟成期間が短期であるため、白っぽい色になります。また、赤みそに比べて塩分濃度が低く、麹由来の糖質によって甘くなっています。

辛子酢みそは、酵素やタンパク質、脂質、ナトリウム、カリウムを多く含んでいるため、消化促進、代謝促進、免疫力強化、細胞機能維持、高血圧予防に役立つと考えられます。

[スポンサーリンク]

辛子酢みその人気&簡単レシピ

辛子酢みそ

味噌はお好みですが、おすすめはだし入りじゃない白味噌です。タコと胡瓜とワカメの和え物、刺身こんにゃくなど、意外と何にもで合いますよ。

葱とうすあげのぬ

イカやあさりを入れるときは、お酒を少し加えたお湯で茹でることがポイント。時間のある時に作って冷蔵庫に入れておけば、食べるときは盛るだけでOK♪ただし、魚介類を入れたものは必ずその日中に食べましょう。

たこときゅうりの辛子酢みそ和え

市販の酢みそは甘すぎて、目分量で作っていたものを簡単に覚えやすい配合で。いろいろ応用できるので、いつもの酢の物をアレンジしたいときなどに便利です。

ゴボウとちくわの辛子酢みそマヨネーズ和え

ポイントはひたすらゴボウの水気を切ること。お皿に盛る前に少し冷やした方が美味しいです。旬の時期、手に入れば春菊の葉を混ぜたり敷いたりするとオシャレ♪

小松菜のからし酢味噌和え

小松菜で何かさっぱりしたものを…と作ってみると、なんとぴったり♪お子様にはからし少なめで。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
455 views