栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ごまみその効能とおすすめレシピ、食品成分表

ごまみそには、酵素、食物繊維、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどが含まれています。
その栄養効果として、消化促進、骨・歯の形成などが期待できます。

ごまみその効能

ごまみそは、炒ったゴマをすり、みそ・みりん・酒・砂糖などと合わせて弱火で練ったもので、田楽や和え物、ふろふき大根などに利用されます。

みそは昔から健康維持を目的に食されてきた日本の発酵食品のひとつで、一方のゴマも昔から栄養のある食材として認識され、生薬としても使われていました。最近ではセサミンなどの有用な成分が発見されたことにより、栄養価の高い食材のひとつとなっています。

ごまみそには、酵素、食物繊維、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンが豊富に含まれているため、消化促進、免疫力強化、高血圧予防、骨・歯の形成といった効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

ごまみその人気&簡単レシピ

豚となすの胡麻味噌炒め

お肉から出る油が少ない場合は、なすを炒める時少し油を足して。同時に炒めにくければ、豚肉を炒めた後いったんフライパンから取り出して、同じフライパンでなすを炒めて豚肉をフライパンに戻してもOKです。

豚肉とキャベツのごまみそ丼

豚肉を入れるタイミングは、キャベツのお好みの食感によって調節してください。もちろんごはんに乗せず、おかずとしても♪

キャベツのニンニクごま味噌あえ

キャベツは茹でると小さくなるので、少し多いくらいで大丈夫。ザルにあげて冷ましている間に余熱で火が通るので、茹ですぎにはご注意を。両手でしっかり水気を絞ってくださいね。

鶏胸肉の胡麻味噌てり焼き

鶏肉に粉をまぶす際は、ビニール袋に粉とお肉を入れて袋の口をしっかり持って振ると、手を汚さずにまんべんなくお肉に粉がついて一石二鳥♪

おくらのゴマ味噌チーズ焼き

おくらは電子レンジで軽く加熱してもOK。耐熱皿やグラタン皿でまとめて焼いても♪ビールによく合いますよ!

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
408 views