栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

唐人菜(長崎白菜)の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

唐人菜には、カルシウムやβ-カロテン、葉酸、ビタミンC、鉄が含まれています。

[スポンサーリンク]

唐人菜(長崎白菜)の効能

唐人菜は、長崎が貿易港として栄えていた時代に中国から伝来したといわれており、このことから「長崎白菜」とも呼ばれています。当時、長崎近郊ではタアサイや山東菜などが作られており、それらのなかから外観・品質の優れた新しいタイプの品種として生まれました。

葉が縮れてちりめん状になっていてやわらかく、一般的な白菜とは異なり、結球せずに葉が外側に開いているのが特徴です。アクがあるため、軽く湯通ししてから調理するのが一般的で、浅漬け・煮物・油炒め・雑煮・おひたし・鍋物などに利用されます。

唐人菜には、カルシウムやβ-カロテン、葉酸、ビタミンC、鉄が含まれているため、皮膚・粘膜の健康維持、シミ・そばかす・しわの予防、貧血改善、二日酔い予防効果などの効果が期待できます。

唐人菜は、ずっしりと重く弾力があるもの、カットしてある場合は切り口が白くみずみずしいものを選びましょう。保存の際は新聞紙で包み、冷暗所で立てて保管します。カットしたものはポリ袋やラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。

[スポンサーリンク]

唐人菜(長崎白菜)の人気&簡単レシピ

長崎雑煮

ぶりがたまらない!具沢山の長崎雑煮です。唐人菜は彩りのみならず、底に敷くことでお餅がお椀にくっつかなくなるというメリットも。だし汁はくれぐれも沸騰させないように。せっかくの香りが飛んでしまいます。カルシウム、βカロテン、ビタミンC、鉄などあらゆる栄養素を含む唐人菜は、高血圧・動脈硬化、骨粗しょう症、虫歯・歯周病などの予防に役立ちます。

唐人菜の塩漬け

半分に割って丸1日干した長崎白菜を塩漬けに。2日もあれば出来上がり。食べきれる量でジップロックを使うので、気負うことなく作れます。塩をするときのポイントもあり!手軽さ重視ならあらかじめ切って塩をもみこむ即席漬けに。切らずに簡易的にでも少し漬け込むと、断然美味しく仕上がるようです。普通の白菜より少し繊維が多いので、食べやすいように細かめに切りましょう。

唐人菜のスープ

時間がないときに最適。10分もあれば完成のお気楽クッキング。小麦粉不使用でとろみは片栗粉でつけているので、夜食にもぴったりなお腹にライトな優しい味わいです。ホワイトソースを作るより時間は短くダマになる心配もなく、ずっと簡単ですよ。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]