栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

えん麦の効能とおすすめレシピ、食品成分表

えん麦には、食物繊維やカリウム、リン、カルシウム、マグネシウムが多く含まれています。
その栄養効果として、便秘解消、大腸がん予防、コレステロール減少、動脈硬化予防、糖尿病予防、デトックス効果、血糖値上昇抑制、免疫力強化、抗がん作用、ダイエット効果などが期待できます。

えん麦の効能

えん麦の原産地はアルメニア地方で、有史前2000年ごろから栽培されていたとされています。種子は食用あるいは飼料として利用され、藁は飼料として使われます。日本への伝来は明治時代になってからのことで、当初は馬の飼料として用いられました。

オートミールはえん麦を粗挽きしたり押し麦にしたりしたもので、これを牛乳や水で炊いた粥はポリッジと呼ばれ、朝食用シリアルとして食されています。

えん麦には食物繊維やβ-グルカン、タンパク質、ミネラルが豊富に含まれており、なかでも、食物繊維はコレステロールを排出して動脈硬化を予防したり、大腸内の掃除をして大腸がんを予防したりする働きがあるほか、糖尿病予防にも有効であることがわかっています。

また、えん麦には、腸内洗浄効果によるデトックス効果や便秘の解消、血糖値や血中コレステロール値の低下による生活習慣病予防、免疫力アップによる抗がん作用、腹持ちがよく満腹感が得られることによるダイエット効果なども期待できます。

[スポンサーリンク]

えん麦の人気&簡単レシピ

えん麦は、製粉し、小麦粉と混ぜてパン、お菓子、シリアルなどに利用します。
オートミール
オートミールは、水や牛乳でおかゆのように煮て食べるのが一般的です。

えん麦のグラノーラ

材料を混ぜて、オーブンで焼くだけ!買うと結構なお値段のグラノーラも、簡単に手作りできてしまいます。市販のものより食べ応えあり♪えん麦(オーツ麦)の栄養素は穀類の中でもトップクラス。普段の食事にえん麦を取り入れることで、鉄分、カルシウム、食物繊維などを自然と補えますよ。

おからとえん麦のクッキー(全粒粉使用)

えん麦(オーツ麦)の食感が最高。おからと全粒粉入りで食べごたえも満点!ショートニング使用で後味は軽いザクザククッキーです。えん麦に含まれる食物繊維は白米のなんと22倍!食物繊維はおからにも豊富なので、おやつとして楽しみながらも整腸作用を期待できます。生地は少し膨らむので、少し薄めに。焼きが足りないと香ばしさに欠けるので、しっかり焼くことがザクッと仕上げるポイントです。

菜の花とえん麦の桜チヂミ

桜海老のピンク色がキレイなチヂミをカリカリに焼き上げて♪白米に比べると鉄分は約5倍、カルシウムは約9倍、食物繊維は約22倍も含むえん麦(オーツ麦)。そんな世界的にも高く評価されている雑穀を積極的に食べることで、貧血予防や丈夫な骨づくり、整腸作用を期待できます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1294 views