栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

こごみの効能とおすすめレシピ、食品成分表

こごみには、β-カロテンやビタミンC、カリウム、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、老化防止、風邪予防、血圧正常化、便秘解消、コレステロール減少、生活習慣病予防、美肌効果などが期待できます。

こごみの効能

こごみはクサソテツ(草蘇鉄)の若芽で、山菜のひとつとして食されています。世界各地に分布しており、日本では九州以北の森林や草地に自生しています。大規模な栽培はされていませんが、ハウス栽培で早出し出荷しているところも少数ながらあります。シダ類で、ゼンマイよりも濃い緑色をしているのが特徴です。

アクが少なくて食べやすく、軽いぬめりとほのかな甘味があり歯ごたえがよいため、おひたし・酢の物・天ぷら・炒め物・鍋など、広い用途を持っています。

栄養価も高く、がん予防・老化防止・免疫力強化・風邪予防・美肌づくりに有効なβ-カロテンやビタミンCが豊富です。

また、血圧を正常に保つカリウムや、腸内環境を整えて便秘を改善する食物繊維、抗酸化作用で老化や脂質の酸化を防ぎ、コレステロールを減らして生活習慣病を予防するクロロゲン酸も含まれています。

こごみは、葉先の開いていなくてやわらかく、緑色が鮮やかなものを選びましょう。
生のものはゆでてから冷蔵庫で保存しますが、天日干しすることで長もちさせることができます。

[スポンサーリンク]

こごみの人気&簡単レシピ

こごみのお刺身

レシピ考案者が「一番おいしい食べ方」だと誇る一品。素材のおいしさをシンプルに楽しめるお刺身です。沸騰したお湯で茹でた後は、すぐに冷水で洗いましょう。新鮮なこごみが手に入ったら、ぜひお試しください。

こごみの胡麻よごし

春の香り広がる胡麻よごし。アクの少ないこごみは調理も簡単♪完成したら少し置き、味をなじませてから器に盛りましょう。こごみには体内で必要量だけビタミンAに変換されるβカロテンが含まれており、抗酸化作用、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

こごみのクルミあえ

アクの少ないこごみを、濃厚なくるみで和えた一品。くるみはフライパンで乾煎りすると、さらに風味よく仕上がります。こごみに含まれるβカロテンは、緑黄色野菜に匹敵する豊富さ。さらに、くるみには良質な脂質が含まれているので、美容を気にする女性もぜひ。

こごみとツナのマヨ醤油サラダ

ビールのおつまみにもぴったり。こごみとツナのマヨ醤油サラダです。こごみはさっと茹で上げ、シャキシャキ感を残すのがおいしさのポイント。最後に一味を効かせても美味しいようなので、お試しください。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
605 views