栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ザーサイの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ザーサイには、食物繊維やマンガン、亜鉛、鉄、銅、カプサイシンが含まれています。
その栄養効果として、食欲増進、味覚正常化、貧血改善、脂肪燃焼促進、整腸作用、鉄の吸収促進、骨の強化、美肌効果などが期待できます。

ザーサイの効能

ザーサイの発祥地は中国四川省といわれており、誕生してからそれほど時は経っていません。搾菜(ヂャーツァイ)とも呼ばれますが、これは重石を漬け込んでから乗せることにより汁気を搾り取る工程に由来します。ザーサイに用いられる薬草や香辛料は、八角・山椒・甘草・シナモン・ウイキョウ・花椒粉・トウガラシなどがあり、これら特有の作用や風味があります。

ザーサイには、食欲を高める一方で肥満を抑える働きがあるとされるほか、味覚の改善や貧血・便秘の解消、美肌づくりにも有効とされています。

シニグリン分解による辛味成分には、食欲増進・胃もたれ解消・活性酸素除去の働きがあるといわれていることから、発がん抑制作用があると考えられています。また、カプサイシンはトウガラシに含まれる辛味成分で、脂肪燃焼を促す働きがあるといわれているため、肥満の抑制に有効とされています。

食物繊維には腸内善玉菌の増殖を活性化させる働きがあるといわれており、整腸作用が期待できるほか、マンガンが骨の発育に関与し、肝臓や骨などの組織の酵素作用を活性化させるといわれています。

さらに、亜鉛がタンパク質及びDNA合成、免疫反応、糖質代謝、インスリン合成に関与する酵素の構成成分となっているほか、鉄が酸素の運搬や細胞への酸素吸収に関与し、酵素の構成成分にもなっています。

銅は、鉄の吸収を促進させるほか、皮膚の健康維持、血管壁・骨の強化、乳児の成長などにも関与しています。

[スポンサーリンク]

ザーサイの人気&簡単レシピ

ザーサイ豆腐

ザーサイに、ネギとごま油。シンプルながら、お酒と相性ぴったりな一品です。たんぱくな豆腐に合わせ、味付けは濃いめにした方が美味しいです。ザーサイが余ったらお試しあれ♪

ザーサイとササミのつまみ

手間いらず!調味料は塩とごま油だけ。失敗せずにささっと作れて、パーティにも大活躍。出来上がった直後より、3〜4時間ほどおいてからが食べ頃です。電子レンジでも、鶏のささ身をしっとりやわらかに仕上げる方法もあり。

きゅうりとザーサイの和え物

あっという間に出来るのに、めっちゃ旨♪もう一品欲しいときにも、失敗の心配もなく、すぐ作れる手軽さが主婦の強い味方です。ザーサイは種類によって塩気が異なるので、調味料は好みで加減してください。

焼き油揚げとザーサイの和えもの

ザーサイの旨みに、焼いた油揚げのカリカリ感と香ばしさがヤミツキ♪ただし、焼きすぎると焦げてしまうので要注意。ねぎの辛みが苦手な場合は、水にさらすといいですよ。ザーサイには食物繊維が含まれているので、お腹の調子がイマイチ優れないときにもおすすめです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1264 views