栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

アラスカメヌケ(赤魚)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

アラスカメヌケ(赤魚)には、EPA/DHA、ビタミンB12・Dが含まれています。
その栄養効果として、代謝促進、血栓防止、コレステロール値低下、認知症改善、骨の強化などが期待できます。

アラスカメヌケ(赤魚)の効能

アラスカメヌケはアカウオ(赤魚)として流通している魚で、深海に生息しているメヌケの一種です。水揚げされたときの水圧の変化によって目玉が飛び出ることからメヌケ(目抜け)と呼ばれています。

ベーリング海などの漁獲量が多く、国内では北海道や東北地方でも水揚げされますが、量は多くありません。

冷凍品や醤油漬け、粕漬け、西京漬け、干物などの加工品として販売されることがほとんどで、鮮魚は北海道などでわずかに流通している程度です。鮮度の高いものは刺身としても食べることができ、味もよいとされています。

旬は春ですが、脂が乗るのは秋から冬にかけてで、刺身のほか鍋物にも用いられます。
アラスカメヌケには、EPA/DHA、ビタミンB12・Dが含まれているため、代謝促進、血栓防止、コレステロール値低下、脳の活性化、認知症改善、骨・歯の強化に役立つと考えられます。

[スポンサーリンク]

アラスカメヌケ(赤魚)の人気&簡単レシピ

赤魚の煮付け

生姜は少しでも美味しく仕上げたい場合は生を千切りにしたものを、手軽さ重視ならチューブでOK。

赤魚の竜田焼

竜田揚げは油を多く使うので、普通に焼いてみました。裏返すときはフライ返しなどを使うと身が崩れにくいです。

冷凍赤魚のガーリック照り焼き

赤魚はあらかじめ解凍しておきましょう。小麦粉は片栗粉で代用できます。

赤魚の唐揚げ

魚はカレイやシーラなど、白身魚ならなんでも♪野菜と一緒にいただくと、とっても美味しいです。お酒のおつまみにもピッタリ!

赤魚のみそ漬けホイル蒸し

焼き加減はトースターのクセや魚の厚さで調整してください。シャケくらいの厚さなら10分程度が目安です。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
4976 views