栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

パッションフルーツの効能とおすすめレシピ、食品成分表

パッションフルーツには、β-カロテンやカリウム、鉄、マンガン、ナイアシン、ビタミンB6・C、葉酸が含まれています。
その栄養効果として、生活習慣病予防、貧血防止、骨・タンパク質の合成、消化促進、整腸作用などが期待できます。

パッションフルーツの効能

パッションフルーツは、ブラジル原産で熱帯・亜熱帯に分布し、野生種も多い果物です。和名をクダモノトケイソウ(果物時計草)といいます。
パッションフルーツの花
β-カロテンが非常に豊富で、強い抗酸化作用によって活性酸素を撃退して脂質の酸化を防ぎ、免疫力を高めてがんや老化の予防に有効に働きます。

また、高血圧を予防するカリウムや貧血防止に役立つ鉄、骨やタンパク質の合成に関わるマンガンなどのミネラルも豊富で、ビタミンもナイアシン、ビタミンB6・C、葉酸を多く含んでいるほか、消化酵素プロテアーゼの消化促進作用や整腸作用、食物繊維の便秘解消や生活習慣病予防、コレステロール値低下といった効果も期待できます。

ゼリー状の果肉は酸味が強いため、生で食べるほか、ジュースやシャーベットにしてもおいしくいただけます。また、タンパク質分解酵素を含むので、肉料理のあとのデザートにも向いています。

ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すると1ヶ月くらいはもちますが、取り出すとすぐに変色してしまうため、すぐに食べるか、ジュースにして冷凍しておくのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

パッションフルーツの人気&簡単レシピ

パッションフルーツの実

パッションフルーツのゼリー

パッションフルーツの美味しさを最大限に活かしたシンプルゼリー。作り方もシンプル簡単♪パッションを器にする場合は少なく見えたり、モリモリできなかったりするので、別容器に固めて上からこんもり乗せるとキレイな仕上がりになるようです。パッションフルーツに含まれるビタミンCはほうれん草の約4倍!コラーゲンの合成に欠かせないビタミンCたっぷりな、美肌デザートですよ。

パッションフルーツのケーキ

南国の香りに包まれる爽やかなヘルシーケーキはいかが?甘さが欲しいときは砂糖やはちみつを加えて。パッションフルーツには体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康維持や免疫力向上などを期待できるβカロテンが豊富。「目のビタミン」とも呼ばれるβカロテンは、ドライアイや眼精疲労にも効果を発揮してくれます。

パッションフルーツソースのワカメサラダ

「目のビタミン」と呼ばれるβカロテン、コラーゲンの合成に必須なビタミンC、神経を正常に保つビタミンB6、妊娠中の女性に欠かせない葉酸などなど…。パッションフルーツが持つ豊富な栄養素を手軽に摂取できる万能ソース。鯛などのお刺身はもちろん、野菜サラダやお肉料理と合わせても美味しそうです♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
5199 views