栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

牛脂の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

牛脂には、オレイン酸やステアリン酸、パルミチン酸が含まれています。
その栄養効果として、抗酸化作用などが期待できます。

牛脂の効能

牛脂は牛の脂肪を使って作った半固形の動物性油脂で、ヘットとも呼ばれます。調理の際に油と同じ使い方ができ、使用することでコクをプラスすることができます。すき焼きや焼肉などで利用されることが多く、スーパーなどでは無料で提供されています。

ステーキやカツレツの調理に使うと、独特のうま味と風味が生まれます。また、食用以外では石鹸・蝋燭・研磨剤などの材料としても利用されています。

牛脂の主要成分はオレイン酸・ステアリン酸・パルミチン酸で、強い抗酸化作用があるほか、胃もたれ・胸やけの防止、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防・改善、コレステロール値低下などの効果が期待できます。また、ミリスチン酸やリノール酸も少量含まれています。

ただし、牛脂は飽和脂肪酸が多く含まれているため、摂りすぎには注意が必要です。生活習慣病予防のためにも、「飽和脂肪酸:不飽和脂肪酸=1:1.5〜2」の割合を心がけて摂取しましょう。

[スポンサーリンク]

牛脂の人気&簡単レシピ

牛脂は、ケンネ脂やヘットともいいます。日本食品標準成分表では牛脂、Wikipediaではヘットという名称が採用されています。

本来は牛の脂を精製した食用油脂のことですが、スーパーなどでは牛の脂身そのものを指して「牛脂」と呼ばれています。これは、精製された食用油脂としての牛脂(ヘット)ではなく、専門用語で「ケンネ」と呼ばれる部位です。多くのスーパーや肉の専門店で、すき焼きやステーキの肉を買う人に、牛の脂身をカットしたもの(ケンネ)が無料で提供されています。

牛脂(ヘット)は、体内でコレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸を多く含むので、摂り過ぎには注意が必要です。常温では白色の固体で、融点の温度が高く、口の中でも溶けにくい性質があります。冷めると風味が落ちるので、冷たい料理には不向きです。

高級牛肉の脂には、常温でも溶け出すものもあるようです。
松阪牛100%の牛脂Amazon
松阪牛の旨さの秘訣は脂にあり、しつこくなく、香りもよく甘味があるとされています。松阪牛の牛脂をハンバーグ、鉄板焼き、炒め物などと一緒に使用するだけで、今までと違ったプロの味わいが楽しめるそうです。

●牛肉を牛脂(ヘット)で焼いてから甘辛醤油ダレで煮る絶品他人丼のレシピを紹介しておきます。

●牛肉を使わず、牛脂でなんちゃってテールスープを作ることもできます。

●すき焼きの油には、牛脂を使うのがおすすめです。

●フライパンで焼くステーキにも。安いお肉でも牛脂を使うと風味が移りおいしくなります。

●牛脂を使うことで、四日市名物のトンテキの味が再現できます。

●ハンバーグに、刻んだ牛脂を加えると、肉汁たっぷりジューシーハンバーグに!

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
3662 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。