栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

おかゆ(全粥)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

おかゆには、でんぷんが多く含まれています。
その栄養効果として、ダイエット、風邪予防、整腸作用、冷え性・むくみの改善、血行促進、美肌効果などが期待できます。

おかゆ(全粥)の効能

おかゆとは、米・栗・そばなどの穀類や豆類・芋類などを多めの水でやわらかく煮た料理のことをいい、おかゆの上澄み液は重湯といいます。全粥は米の5倍の量の水で炊く、重湯がないおかゆで、どろっとしているのが特徴です。

おかゆは材料と水、熱源と鍋が一つあれば簡単に調理できる料理で、日本だけでなく、中国・朝鮮半島・ベトナム・シンガポール・マレーシア・タイなど東アジアや東南アジアでも一般的な食事です。

おかゆは消化がよく体も温まることから、胃腸が弱っているときや風邪などの病気のときに食されるほか、離乳食や精進料理の主食としても欠かせない料理で、近年では低カロリー食品としてダイエットにも利用されることが多くなっています。

また、水分の補給や体温の上昇といった効果もあるため、風邪予防、整腸作用、冷え性・むくみの改善、血行促進、美肌づくりなども期待できます。

[スポンサーリンク]

おかゆの人気&簡単レシピ

卵入りお粥(味噌風味)

ご飯の量や煮る時間によって水分が少なめになる場合があるので、その場合は水を足すなどして調整してください。具は、ネギ、しらすの他、茹でたほうれん草や細かく刻んだ大根葉を入れても美味しい♪

あさりの塩味お粥

あさりは砂抜きはしっかりと!ミネラル、タウリン、亜鉛が豊富なあさりは、貧血予防や疲労回復に役立ちます。また、肝機能にも働きかけるので、お酒のシメにもこのお粥はおすすめですよ。

中華おかゆ

ご飯を加えた後は、頻繁にかき混ぜて。むね肉はももに比べて脂肪が少なく、抗疲労物質を多く含む、とても優秀なたんぱく質。しょうがとねぎが身体を温め、免疫力もアップ!

基本のおかゆ(全粥)

より美味しく炊き上げるコツは、お米に水をたっぷり含ませること。吹きこぼれやすいので、火加減には注意しましょう。体もポカポカ温まります。

離乳食プレート(中期)

今回は出汁のみで、味付けをしていません。物足りないようなら、ほのかに味をつけても。マッシュポテトは硬めの方が形は作りやすいですが、食べにくいので出汁で伸ばしながら食べさせるといいですよ。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1910 views

不規則な食生活で、栄養の偏りが気になる方へ

ベースサプリメントから始めてみませんか
普段の食事では補い切れない栄養素を補完するベースサプリメントには、多種類のビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できるサプリメントが理想です。
体の中では様々な栄養素がお互いに協力しながら働いています。

ベースサプリにおすすめ!キユーピー 元気セブン
キユーピー 元気セブンのバナーimpキユーピー 元気セブン

科学的根拠に基づいた30種類もの栄養素がバランスされている元気セブン。この多種類バランスは、他のベースサプリを圧倒しています!
マヨネーズで有名なキユーピー初回半額 ⇒ 1日あたり58円なので、まずは試してみやすい商品ですね。
ビタミン・ミネラルの他、不足しがちなDHA&EPA、コンドロイチン硫酸、コエンザイムQ10などもバランスされており、野菜不足が気になる、魚を食べる機会が減っている、疲れやすく無理がきかなくなったと感じる、ツヤツヤ感や若々しさを維持したい、毎日の積み重ねで5年後・10年後に見違えたい、はつらつとした日々を過ごしたい方、などにおすすめです。