栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

日本酒(清酒)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

日本酒には、アミノ酸やアデノシンが含まれています。
その栄養効果として、新陳代謝アップ、冷え性・肩こりの改善、血行促進効果などが期待できます。

日本酒(清酒)の効能

日本の伝統的醸造酒で江戸初期に生まれた日本酒は、和食ブームの影響で海外にも多くのファンを持っています。

日本酒はほかのアルコール飲料に比べてアミノ酸が豊富であるため、身体機能が活性化され、血行を促進して新陳代謝が活発になることにより、肌の色つやがよくなるといわれています。

また、血管の収縮を妨げる働きを持つアデノシンが含まれているため、体を温める作用が長く続き、冷え性や肩こりの改善にも役立つほか、善玉コレステロールを増やす働きもあり、高脂血症や動脈硬化の予防が期待できます。

さらに、調味料としても、素材の臭みを消して風味をよくし、食材をやわらかくするなど優れた効果を発揮します。

[スポンサーリンク]

日本酒の人気&簡単レシピ

日本酒しっとりパウンドケーキ

一人では持て余していたお酒をケーキに活用!最後の日本酒はお好みでかけてもかけなくてもOK。焼き時間は目安にし、オーブンの機種によって調節してくださいね。

日本酒のゼリー

熱いものにそのまま溶けるゼラチンを使っているので、ふやかす手間いらず♪アルコールは完全に飛ばないので、お子様や車の運転をされる方はお控えください。

ポークチャップ

枚数が変わってもレシピと同じ分量で作れます。肉によってはとても固くなりますが、事前にスジをしっかり切ったりタレに長く漬け込んだりすれば、いくらか柔らかに仕上がると思います。固く仕上がった場合は小さく切って食べてください。

日本酒レーズン

日本酒を含んだレーズンは、とても甘いので日本酒はやや辛口・辛口がおすすめ。手順3でレーズンが日本酒より身が出てしまいますが、上下を入れ替えると均一に漬かります。

鶏胸肉の胡麻味噌てり焼き

鶏肉に粉をまぶすときは、ビニール袋に粉とお肉を入れて袋の口をしっかり持ち、振ると手を汚さずにまんべんなくお肉に粉がつきます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
639 views