栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ごま豆腐の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ごま豆腐には、ゴマリグナンや食物繊維、カルシウム、鉄、ビタミンEが多く含まれています。
その栄養効果として、ダイエット、コレステロール値低下、老化防止、脳梗塞・生活習慣病予防、がん予防、アトピー性皮膚炎の緩和、薄毛改善、肌荒れ解消効果などが期待できます。

ごま豆腐の効能

ごま豆腐は古くから精進料理としても知られていますが、動物性食品を食べない僧侶たちの栄養バランスを支えるためには欠かせない食べ物でした。

ごま豆腐の原料となるごまの小さい粒のなかには、良質のタンパク質や脂質、ゴマリグナン、鉄、カルシウム、食物繊維、ビタミンEなど、体によいとされているさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

ごまの健康効果のひとつとしてダイエット効果が挙げられますが、これはゴマリグナンが肝臓で脂肪を分解したり脂肪分解に働いたりするためです。

また、ビタミンEが血液だけでなく血管壁のコレステロールも除去するため、心臓病も予防します。

そのほか、老化防止や脳梗塞・生活習慣病の予防や、がん予防やアトピー性皮膚炎・乾燥肌の緩和、薄毛の改善などにも有効とされています。

[スポンサーリンク]

ごま豆腐の人気&簡単レシピ

片栗粉で手作り ごま豆腐

火は弱いままで鍋をこまめに外し、その間は常に混ぜ続けることがポイントです。ヘラや泡だて器などを使い、鍋底にこびりつかないように混ぜてください。火が強いと片栗粉が早く固まり、ごまと分離してしまうので気をつけましょう。

三つ葉の胡麻豆腐和え

野菜はお好きなもので。ごま豆腐・タレ・すりごまは、なめらかになるまでよく混ぜあわせてください。

生ハム×ごま豆腐

大好きなチーズと生ハムの組み合わせ。チーズの代わりにごま豆腐でも合うのでは?と思い、試してみたら大正解!

ごま豆の和スイーツ

ハマっているごま豆腐。この食感はスイーツにしても合いそうだと思い、あんこと黒蜜をかけてみました。直感に間違いなし!

練りごまで作る ごま豆腐

口当たりの良い仕上がりです。ポイントは、材料をしっかり溶かしてから火にかけること。麺つゆの代わりにお醤油をかけてもOKです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2500 views