栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

烏骨鶏の卵の効能とおすすめレシピ、食品成分表

烏骨鶏の卵には、ビタミンB・Eやナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムが含まれています。
その栄養効果として、皮膚・粘膜の機能維持、貧血予防、老化防止、高血圧予防効果などが期待できます。

烏骨鶏の卵の効能

烏骨鶏は中国原産の鶏(ニワトリ)の一種で、ふわふわした白い羽毛の下は、皮も肉も内蔵も骨まで黒い色をしています。烏骨鶏の肉は薬膳料理に利用されます。

烏骨鶏の卵にも薬効があるとされていますが、栄養成分も味も鶏卵と似ています。品種改良があまりされておらず、産卵数が少ないので、烏骨鶏の卵の値段は高価です。烏骨鶏の卵には、ビタミンB1・B2・B6・B12・Eやナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムなどの栄養が豊富に含まれています。

ビタミンB1

糖質の代謝を助けてエネルギーをつくり出し、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2

細胞の新陳代謝を促進し、皮膚・粘膜の機能維持や成長に役立ちます。

ナイアシン・ビタミンB6

皮膚・粘膜の健康維持や、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。

パントテン酸

動脈硬化を予防したり、ストレスをやわらげたりする働きがあります。

葉酸・ビタミンB12

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや新しい赤血球の生成のためには欠かせません。

ビタミンE

活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化や皮膚・血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。

カルシウム・リン・マグネシウム

骨・歯の構成に必要なミネラルです。

カリウム

疲労回復や利尿作用、高血圧予防に役立ちます。

[スポンサーリンク]

烏骨鶏の卵の人気&簡単レシピ

鳥骨鶏の酢卵

蜂蜜などを入れ、1日に30ml程度を毎日続けると良いそうです。薄めてもOKですが、ウコッケイの卵じゃないと効果なし。皮膜は割り箸だと裂けないので、包丁の先でさして裂いています。

烏骨鶏の卵ロールケーキ

生地は50度の湯せんにかけながら、リボン状になるまで泡立ててください。出来上がったロールケーキは冷蔵庫に入れて30分ほど落ち着かせてから、卵味を存分に味わって♪

鳥骨鶏の卵ベーコン焼き

ベーコンに油があるので、炒めるときは油を加えなくてOK。塩こしょうは好みで加減してくださいね。彩りに添えたほうれん草が目にもキレイ♪

烏骨鶏卵のマドレーヌ

烏骨鶏の卵と砂糖を合わせたらもったりするまで泡立て、粉はさっくり切るように混ぜあわせます。くれぐれも練ったりこねたりしないように。卵味を堪能あれ。

鳥骨鶏卵の納豆混ぜそば

ポイントはお蕎麦をよくしめること。納豆と鳥骨鶏の卵をよく混ぜると、ふんわり仕上がります。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
615 views