栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

グミ(茱萸)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

グミの実には、β-カロテンやビタミンE、食物繊維、カリウム、アントシアニンが多く含まれています。
その栄養効果として、免疫力強化、視力向上、血圧低下、整腸作用、コレステロール値低下などが期待できます。

グミ(茱萸)の効能

グミは東アジア原産で、日本でも各地の野山に多く自生しています。種類は約40種以上と豊富で、落葉のものや常緑低木でつる性のものがあります。本州や四国に分布しているのは食用になるナツグミで、北海道から九州まで全国に分布しているのはアキグミです。

グミに含まれる赤い色素成分のアントシアニンには、発がん抑制のほか、コレステロール値低下や糖尿病予防、視力向上にも有効とされています。

ビタミンCは少なめですが、β-カロテンやビタミンEが多く、抗酸化作用で活性酸素を撃退し、免疫力を高めてがんや老化による視力低下を予防します。

また、整腸作用により便秘解消・コレステロール減少・生活習慣病予防に役立つ食物繊維や、血圧を低下させるカリウムも含まれています。

グミは丸ごと食べるのが一般的ですが、ゼリーやグミ酒、ジャムなどにするのもおすすめです。

[スポンサーリンク]

グミの人気&簡単レシピ

グミの実ジャム

ビタミンE豊富なグミの実を、何にでも合うおいしいジャムに♪種と実は離れにくいので、鍋で煮る前に必ず分けておきましょう。瓶が割れるのを防ぐため、粗熱が取れてから入れてください。ビタミンEには体内の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防に効果的です。

秋茱萸のジャム

生のままでは渋みがあるグミの実ですが、ジャムにすればとっても美味♪ヨーグルトやパンの他、クリームチーズに乗せればワインのお供にぴったりです。グミの実が赤いのは、体内の酸化を抑えるリコピンという成分が含まれているため。他にもビタミンEやβカロテンが豊富で、その全ては抗酸化作用に優れた栄養素。健康維持やアンチエイジングに役立ってくれます。

茱萸のグミ&ミルクグミ

グミの実で作るグミ!グミの実の赤と牛乳の白で、なんともめでたい紅白に♪ミルクグミを作るときは、焦がさないようにくれぐれも注意。グミの実に含まれるβカロテンには抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康維持や免疫力向上を期待できます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
3145 views