栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

水あめの特徴とおすすめ商品、食品成分表

水あめは砂糖が日本に伝来する前までは主要な甘味料として使われていましたが、和菓子では現在でも甘味料のひとつとして利用されています。また、マクロビオティックでは砂糖の代わりに甘味料として使われることが多く、海外での需要も高まっています。

水あめの特徴

水あめとは、デンプンを酸や糖化酵素で糖化して作られた粘液状の甘味料のことをいいます。ブドウ糖・麦芽糖・デキストリンなどの混合物で、酵素糖化水あめや麦芽水あめの主成分は麦芽糖です。常態ではほぼ透明ですが、混練して空気を含ませると銀白色になります。

水あめはあめとしてそのまま食べるほか、調理材料として幅広く利用されます。砂糖が日本に伝来する前までは主要な甘味料として使われていましたが、和菓子では現在でも甘味料のひとつとして利用されています。砂糖の結晶化を阻害する性質があるため、糖分濃度の高い食品に添加することにより、滑らかな食感を保つことができるほか、和菓子のつや出しや保湿の目的で使われることもあります。また、マクロビオティックでは砂糖の代わりに甘味料として使われることが多く、海外での需要も高まっています。

もち米を原料とした麦芽水あめを乾燥・粉末化した漢方薬の膠飴(こうい)には、滋養強壮作用や健胃作用があるといわれています。

[スポンサーリンク]

水あめのおすすめ商品

おすすめ1
水あめ(スドー)1.1kg
糖度82度の水あめ。大容量でお得なサイズです。コーンスターチに糖化酵素で糖化して作らているので、無色透明でほぼ水分と糖質しか含みません。砂糖代わりの甘味料として、煮物の照りや和菓子・洋菓子・パン作りの原料として使えます。

おすすめ2
みずあめ(ソントン)Sパック170g
使いやすいサイズの水あめです。和食やスイーツづくりに。軽量で、直接しぼって使えて簡単便利。容器の中のみずあめを最後まで使い切れます。煮物、佃煮、照焼きのつや出し、お菓子づくりにも。

おすすめ3
米水飴(ミトク)600g
お米を麦芽で糖化させるという伝統的な製法で作られた貴重な水飴です。体への吸収が穏やかで、健康維持や病後の体力回復、のどや咳止めの薬として。上品な甘さで、他の材料の風味や色合いを損なわないので、砂糖代わりの甘味料としても幅広い用途で使えます。

おすすめ4
玄米水飴(ミトク)600g
同じくミトクの水あめですが、こちらは玄米を麦芽で糖化させた水飴です。

おすすめ5
麦芽水飴(永田製飴株式会社)
北海道名産の麦芽水飴。純北海道産のじゃが芋を糖化させた人気の水あめです。懐かしい味がします。麦芽水飴の主成分は麦芽糖(マルトース)で、他の糖類よりも、食後の血糖値が緩やかに上昇します。疲労時や病後などの栄養補助食品としても。自然で優しい甘さです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
856 views