栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

すだちの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

すだちには、ビタミンCやカリウム、クエン酸、フラボノイド、テルペン、食物繊維が含まれています。

[スポンサーリンク]

すだちの効能

すだちは徳島県特産の香酸柑橘でゆずの系統ですが、ゆずより果汁が多く酸味が強いのが特徴です。果皮が青い未熟果のうちに収穫され、風味のよさから調味料や薬味として重宝されています。

果汁に豊富に含まれるビタミンCには、コラーゲンの生成を助けて美肌を保つ働きがあります。

また、果肉にレモンの約2.5倍も含まれているカリウムは、余分なナトリウムを排出してむくみを解消し、同じく豊富なクエン酸は疲労物質を分解して疲労回復を促進するのに役立ちます。

そのほか、 老化防止や高血圧・動脈硬化・脳卒中・がんの予防、利尿作用が期待できるフラボノイド、神経の興奮を鎮めてストレスを解消するとされるテルペン、整腸作用のある食物繊維なども含まれています。

すだちは果皮が薄くてハリがあり、持ったときに重く感じるものを選びましょう。特に、果皮がしっかりとかたく緑色の濃いものが上質といわれています。ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヶ月くらいはもちます。果皮をそぎ切りにし、果汁を搾って冷凍しておくと長く保存できます。

[スポンサーリンク]

すだちの人気&簡単レシピ

すだちのオシャレな飾り切り

喫茶店で出されたすだちがあまりに可愛くて自分でも挑戦。ちょっと添えたり乗せたりするだけで、料理の見栄えがグンとアップ!オレンジやレモンなど他の柑橘系でも同じように作れます。

すだち麺

お出汁は器ごとよく冷やして。大根おろしは省いてもかまいません。レシピでは稲庭うどんを使っていますが、お好みの麺でOKです。

帆立とアボカドの前菜 すだち醤油ソース

帆立はそのままでも十分ですが、塩をふって臭みを消し、すだちでしめるとさらに美味しくなります。おもてなしに出すと喜ばれること間違いなしです!

すだちの冷やしうどん

そうめんやひやむぎ、お蕎麦でももちろん美味しくできます。材料がシンプルなので、お出汁にはぜひこだわって。お好みの麺つゆを少し薄めにして塩を足すのもおすすめです。

すだちでいただく豚しゃぶ肉ときのこのホイル焼き

鶏肉で作ると時間がかかるので豚しゃぶ肉で♪豚肉はそのまま広げて入れるとくっついてしまいますが、丸めて入れると食べやすくなります。

[スポンサーリンク]

むくみの大敵セルライトはマッサージと明日葉で撃退

セルライト専門のニューヨーク皮膚科医、グミリック博士とグラフ博士が薦める対策
  1. リンパや血液の流れをよくするマッサージ
  2. 糖分は避けて、緑葉野菜たっぷりの食事
でも緑葉野菜ってなかなか大変!という人は、日本古来の栄養野菜『明日葉』を試してみては?

Amazonや楽天でも評判の明日葉(粉末パウダー/粒)
セルライト」や「足の浮腫」のレビューがずらりと並び、評価平均は★★★★(星4つ)と人気です。
むくみの大敵セルライトはマッサージと明日葉で撃退

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]