栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ひまわり油の栄養とレシピ、食品成分表

ひまわり油には、リノール酸やオレイン酸、ビタミンEが含まれています。

ひまわり油の効能

ひまわり油はひまわりの種子からとった油で、サンフラワーオイルともいいます。油としてそのまま利用するほか、マーガリンやショートニングの原料にもなります。

ひまわり油の約70%と豊富に含まれるリノール酸には、悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、20%近く含まれるオレイン酸にもコレステロール低下作用があります。また、オレイン酸には胃酸過多を予防する働きもあります。

油脂にはビタミンEが多く含まれていますが、特にひまわり油には豊富で、活性酸素を抑えて血行をよくし、肩こりや冷え性を改善する効果が期待できます。

ただし、油脂は摂りすぎると肥満を招くため、注意が必要です。また、リノール酸にはコレステロールを減少させる効果がありますが、摂りすぎると逆に体の免疫力を弱め、アトピーや花粉症などのアレルギーが発症しやすくなったり、心臓病を誘発したりすることもあります。

[スポンサーリンク]

ひまわり油の人気&簡単レシピ

ひまわり油パウンドケーキ

薄力粉を加えてからは、切るように混ぜるのがポイント。くれぐれも練ったりこねたりしないでくださいね。余熱が取れたら、ラップで包んでおきましょう。当日より次の日の方がしっとり♪

ひまわり油のドレッシング

パリで働いていたレストランのドレッシングをアレンジ。手に入るようならシェリー酒ビネガー(セレス)で作ると、さらに美味しくなります。キレイに乳化させるには、よく混ぜること!

ひまわり油でスタバ風クッキー

ソフトな食感に仕上げるため、焼きすぎないようにご注意。必要以上に焼いてしまうと、カチカチになってしまいます。生地のまわりがきつね色に色づいてきたらOK。

豆腐カツ

食感よく仕上げるポイントは豆腐の水切り。半日〜1日かけ、キッチンペーパーを時折変えながら、豆腐が半分以下の厚さになるのを目安に、しっかり水切りしましょう。

仏蘭西あんぱん

水分量は季節や粉によって変わりますので、様子を見ながら加減してください。寒い時期は生地の冷え込みに注意し、水も人肌に温めて使います。1次発酵の時間は、ゆっくりがオススメ。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




[スポンサーリンク]