栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ココナッツオイルの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ココナッツオイル(ヤシ油)には、中鎖脂肪酸やラウリン酸が多く含まれています。

[スポンサーリンク]

ココナッツオイル(ヤシ油)の栄養

ココナッツオイルは、ヤシ科の単子葉植物であるココヤシの果実(ココナッツ)の種子内部の胚乳から抽出精製される油脂で、ヤシ油ともいいます。

ココナッツオイルが健康食材として注目を集めるようになった理由には、中鎖脂肪酸とラウリン酸がもたらす健康効果があります。

中鎖脂肪酸はココナッツオイルの主成分で、体に蓄積しない脂肪として話題となっていますが、これが一般的な脂肪として知られる長鎖脂肪酸と大きく違うのです。植物油などに多く含まれている長鎖脂肪酸は、一旦摂取すると体内で脂肪として蓄積され、太る原因になりますが、中鎖脂肪酸は摂取後すばやく分解・燃焼され、エネルギーに変換されます。

つまり、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べて体脂肪になりにくく、なおかつ脂肪燃焼を促してくれるうれしい成分なのです。

もう一つの成分であるラウリン酸は母乳にも含まれている成分で、抗酸化力・抗菌力に優れているため、インフルエンザや風邪の予防に有効です。
また、油そのものに宿便を除去する働きがあるため、デトックス効果も期待できます。

[スポンサーリンク]

ココナッツオイルの人気&簡単レシピ

ココナッツオイルのフレーバー珈琲

ロタ島では「毎日スプーン1杯で医者要らず」と言われ、最近はダイエット用健康油としても注目されているココナッツオイル。珈琲に入れると簡単に溶け、香りもグッド♪

ココナッツオイルのクッキー

話題のココナッツオイルを活かし、シンプルなクッキーにトライ。思ったよりサクっと仕上がったおいしさに満足♪ショートブレッドのようにサクサク柔らかくホロリと仕上げる方法もあり。

ココナッツオイルの玉ねぎ炒め

片栗粉を多めに入れると崩れにくく、焼きやすくなります。醤油、餃子のタレ、ソースマヨなど、お好きなもので♪おかずにもおつまみにもぴったりです。

ココナッツオイルとバナナのスコーン

手が全く汚れないのが嬉しいレシピ。オーブンは下段で焼いているので、中段の場合は時間、温度の調節をしてください。型抜きせず、丸く丸めて包丁で切っても良いですよ。

ココナッツオイルでズッキーニのソテー

醤油は出来れば生醤油にすると、仕上がりの香りが断然違います。スパムやブロックベーコンと合わせてもボリュームアップ!ビールにもよく合います♪

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]