栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

タイムの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

タイムには、チモールやカルバクロール、ゲラニオール、P-シメン、ボルネオール、リナロール、フラボンが含まれています。

タイムの効能

独特のすがすがしい香りとほろ苦さ、少し舌がしびれるような辛味が特徴のタイムは、南ヨーロッパの地中海沿岸が原産で、肉類の生臭さを消すのに最適なハーブです。

特に魚介類との相性がよく、香りづけに用いられるほか、フランス料理のブイヨンやスープストックなどに使うブーケガルニ(香草の束)にも欠かせません。また、ハム・ソーセージ・ウスターソース・トマトケチャップ・ピクルス・ドレッシングなどの加工食品にも用いられています。

香りの主成分であるチモールとカルバクロールには、気管の繊毛運動を促進させる働きがあるため、ヨーロッパでは咳止め用の民間薬として古くから広く使われてきました。

[スポンサーリンク]

タイムの人気&簡単レシピ

タイム香るツナとアボカドのサンドイッチ

タイムの量はお好みで加減してください。アボカドを入れない場合は、タイムを少し控えめにするといいですよ。

ミニキャロットのホットサラダ タイム風味

タイムは枝ごと入れて一緒に茹でました。生のものがない場合は、ドライハーブで代用できます。人参の茹で時間は目安なので、しっかり柔らかくなるまで火を入れてください。

塩さばのタイム&にんにくソテー

サバと相性が良さそうなタイムをにんにくと合わせて。サバを入れたらずっと中火で火が通るようにしていますが、焦げそうなら少し火を弱めてください。

タイムでポークの香草焼き

タイムはフレンチによく使われるハーブですが、その使い方は簡単です。今回はシンプルさを目指し、簡単なのに本格的な仕上がりに。

タイムとローズマリーのハーブティー

乾燥ハーブでも作れますが、できればフレッシュものを使ってください。花が咲いたものでも使えます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。