栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

うどの効能とおすすめレシピ、食品成分表

うどには、アスパラギン酸やカリウム、クロロゲン酸が多く含まれています。
その栄養効果として、メラニン抑制、有害物質の排出、疲労回復効果などが期待できます。

うどの効能

うどにはクロロゲン酸という抗酸化物質が含まれており、ガンの予防や日焼けによるメラニンの抑制などの効果があるといわれています。

また、アスパラギン酸も豊富です。アスパラギン酸は、不足すると疲れやすく抵抗力が弱まるため、体内でも作られますが、食品で補うこともできる成分です。そのほか、アンモニアなどの有害物質を体外に排泄し、神経を守る効果もあるといわれています。

うどに含まれるジテルペンアルデヒドには、血液循環をよくし、疲労回復の効果があるといわれています。

うどの独特の香りと苦味には、胃の調子を整えて食欲を増進させる効果があり、水分とカリウムには利尿作用があります。

やまうど(山独活)

一般的にうど(独活)と呼ばれるのは、太陽光が当たらない室で軟化栽培されたものです。
やまうど(山独活)は、もともとは山野に自生しているものですが、現在では半地下式で上半分を緑化するように栽培されたものです。やまうどのほうが、香りもアクも強く、姿・形・風味など野生のうどに似ています。

[スポンサーリンク]

うどの人気&簡単レシピ

うどは、香りと歯ざわりを楽しむ野菜です。
ウコギ科のうどの主な産地は、東京です。うどの選び方は、長さが80cmほどで、茎が太いものが良いでしょう。

うどはアクが強いので、皮を厚くむいて塩水か酢水につけてアクを抜くと良いでしょう。皮はきんぴらしして食べることができます。

うどの主な調理法は、生食、刺身のつま、おひたし、てんぷら、和え物、お吸い物、煮物などです。

おすすめレシピ

ウドと豚バラ肉の味噌炒めうどと豚バラ肉の味噌炒め

うど・豚肉・味噌は相性抜群!男の人が好きな味♪味噌は使う種類や、うどの量によって変わってきます。合わせた調味料をフライパンに加えるときは一気に入れず、まずは半分入れて味を見ながら調節すると良いですよ。豚肉を鶏もも肉に変えるとまた違ったおいしさに♪

新じゃがとウドの春らしいお味噌汁うどと新ジャガイモのお味噌汁

新じゃがと真っ白いうどを使った旬を味わうお味噌汁。うどは短冊の斜め薄切りに限らず、輪切りにしても違った食感を楽しめます。皮を剥いた後、酢水につけてアク抜きするのをお忘れなく。

母の味!ウドの酢味噌和えうどの酢味噌和え

どこか懐かしさを感じる、これこそお母さんの味。うどは茹でてから皮を剥くので簡単です。砂糖の種類によって甘さが変わるので、酢で調節してください。うどの苦味を楽しみたい場合は、塩を加えずに茹でると良いようです。

春のウドの炊き込みご飯うどの炊き込みご飯

春のうどをふんだんに使った炊き込みご飯です。部屋中に広がるうどの香り、ほろ苦さ、優しい甘さ…それはまさに春限定の逸品。うどは少し太めに切ることで食感を残せます。冷めても美味しいので、お弁当やおにぎりにもおすすめ♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
985 views