栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

菱の実の効能とおすすめレシピ、食品成分表

菱の実には、ポリフェノールや葉酸が多く含まれています。
その栄養効果として、健胃、滋養強壮、脂肪吸収・血圧上昇の防止効果などが期待できます。

菱の実(ひしの実)の効能

菱(ひし)は東アジアを中心にユーラシアや北アメリカに広く分布する水生植物で、日本では九州から北海道までの全域に生息しています。

菱の実は栗のように堅い殻(皮)に覆われて外敵から守られており、茹でたり蒸したりしてから殻をむき、でんぷん質の実を取り出して食べるのが一般的です。

殻には緑茶に匹敵するほどポリフェノールが豊富に含まれており、江戸時代の文献にも胃腸薬として登場しています。

また、生の実には、生のほうれん草の2倍にあたる量の葉酸が含まれていることが、五訂版増補日本食品標準成分表に掲載されているほか、菱の殻の抽出物には、脂肪の吸収や血圧上昇を防ぐ作用があるという研究報告も出ています。

薬膳としては、健胃や滋養強壮などの作用があるとされています。

[スポンサーリンク]

菱の実の人気&簡単レシピ

菱の実ごはん

塩茹ですると、淡白な甘くない栗のようなホクホクした食感を楽しめる菱の実。それをサラダやごはんに混ぜると、食感のアクセントに♪菱の実には甘味やクセがないので、何にでも馴染みやすく、豆やナッツ感覚で使えます。

チキン・レタスラップ(菱の実入り)

アメリカにある中華レストランのチェーン店で定番の前菜を再現。本物に近づけるために試行錯誤した末に生み出された味わい、ぜひご賞味ください。有機ゲルマニウムを含む数少ない食品の一つでもある菱の実を美味しく食べられますよ。有機ゲルマニウムには毒素や有害物を排出し、細胞や器官の働きを促す作用があり、免疫力や自然治癒力の向上に大きく役立つとされています。

菱の実の炒め焼き

ビタミンB1、B2、ビタミンC、カロチン、カルシウム、リン、鉄など栄養価に優れた菱の実を、簡単でおいしいおつまみに♪素材の持ち味を堪能できます。菱の実はがん予防効果も期待できるとされ、健康維持に大きく貢献してくれます。

菱の実の簡単揚げ

甘さ控えめでほっこり栗のような食感の菱の実は、シンプルに揚げただけでも美味♪菱の実はでんぷん質が多いので、病気をした後のエネルギー源としても活躍してくれます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1340 views