栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

四角豆の効能とおすすめレシピ、食品成分表

四角豆には、β-カロテンやタンパク質が含まれています。
その栄養効果として、抗酸化作用、皮膚・粘膜の健康維持、成長促進効果などが期待できます。

四角豆の効能

四角豆は、断面が四角形でさやに4枚のひだがあることからこの名がつきました。さやいんげんやさやえんどうと同じく、葉と若さやを野菜として食用にしますが、味わいはきぬさやとさやいんげんの中間的といわれており、さっとゆでてサラダに、あるいは煮物・炒め物・揚げ物などに利用されます。

四角豆は他の豆類と同様に栄養価が高く、タンパク質を多く含んでいます。

また、β-カロテンも多く含まれており、その抗酸化性によってがんの予防に有効と考えられています。ビタミンC・Eなどにも抗酸化作用があるため、これらの成分を多く含む食品と一緒に摂ると、β-カロテンが酸化されるのを防ぎ、体内で有効に活用されます。さらに、β-カロテンには、皮膚や粘膜を健康に維持する働きや、薄暗い場所における視力を維持する働きもあるといわれています。

β-カロテンが欠乏すると、骨や歯の発育不良を引き起こすほか、成長停止、夜盲症、皮膚や粘膜の上皮の角化といった症状が現われることもあります。

[スポンサーリンク]

四角豆の人気&簡単レシピ

厚揚げと四角豆のごま炊き

四角豆と厚揚げに、ごまが豊かに香る一品。四角豆は筋をとることで、口当たり良く仕上がります。さらに、時間差で煮ると彩りよく、お弁当にもぴったりです。抗酸化作用が強いカロテンやビタミンCを含む四角豆は、生活習慣病予防や免疫力アップにも効果的。

四角豆と豆腐のお吸い物

四角豆を食べるのは初めてで、味の想像がつかないという方におすすめレシピ。素材の味わいを生かしたシンプルなお吸いものです。加熱しすぎないことが、おいしく仕上げる一つのポイント。豆腐の白に四角豆の緑がよく映えます。

四角豆と小エビのかき揚げ

小エビが香ばしさに、コーンの甘み♪沖縄の島野菜「四角豆」を使ったかき揚げです。サクっと揚げるコツは、衣に加える材料や混ぜ方にあり!

四角豆とベーコンのバター醤油炒め

びっくりするくらいあっという間に完成!ベーコンとバターしょうゆ味がベストマッチ。四角豆のシャキシャキ感を楽しめます。野菜にしかほとんど含まれていない脂溶性ビタミンの1つ「ビタミンK」も摂取できますよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2278 views