栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

やつがしら(八頭)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

やつがしら(八頭芋)には、カルシウムや炭水化物、リン、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、骨・歯の強化、神経の興奮抑制、血圧上昇抑制、免疫力強化、消化促進効果などが期待できます。

やつがしら(八頭)の効能

やつがしら(八頭)は里芋の一種で、親芋と小芋、孫芋が一塊になっています。頭が8つあるように見えるためこの名がつけられていますが、実際にある頭は5つ前後で8つは滅多にありません。主な産地は山梨県・千葉県・埼玉県・栃木県などです。

やつがしらは、子孫繁栄の縁起物としてお祝いや正月のおせち料理で食べられます。煮物や汁物、蒸し物にすると美味で、芋のほかに茎(ずいき・芋茎)の部分も食用になります。

やつがしらの栄養成分で里芋より含有量が勝っているのは、カルシウムや炭水化物、リンなどですが、特にカルシウムは4倍ほど多く含まれています。カルシウムは骨や歯を丈夫にする以外にも、血液凝固や筋肉の収縮、神経の興奮抑制作用のほか、細胞内外のカルシウム濃度の差を利用して細胞の機能調節をしたり、ナトリウムを排泄して血液上昇を防いだりする働きをしています。

また、食物繊維も多いほうで、ぬめり成分のムチンには消化促進、ガラクタンには免疫力強化作用があるといわれています。

やつがしらは、新聞紙などで土がついたまま冷暗所で保存しましょう。ゆでたものは冷蔵か冷凍で保存し、いずれも乾燥しないうちに食べきるのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

やつがしら(八頭芋)の人気&簡単レシピ

八頭(やつがしら)の親芋の煮物

一週間ほどは美味しく食べられます。煮過ぎるとすぐに崩れてしまうのでご注意を。小芋はよく見かけますが、親芋は自宅で作らないとあまり手に入らないので、お店で見つけたら即効ゲット!

やつがしらサラダ

ほうれん草はカルシウムと相性が良いので鰹節をプラス。シラスなどでも美味しそうです。芋を湯がいた後は早めにポン酢を加え、全体にまぶすように混ぜるのがポイントです。

やつがしらのポタージュ

お節で使いきれなかったやつがしらの使い道を考え、煮物だとこども達があまり食べないのでポタージュにチャレンジ。豆乳でのばす濃度や塩気はお好みに合わせてくださいね。

やつがしらチップ

高温で揚げすぎないように要注意。のり塩やカレー粉でも美味しいですよ♪八つ頭嫌いの子ども達も食べまくり!おつまみにもぴったり♪

やつがしらでそぼろ煮物

ひき肉は鶏か豚を使用していますが、お好みでどうぞ。里芋とはまた違ったおいしさをお楽しみください。生姜の香りが食欲をそそります。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1560 views