栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ウコン

子供も大人も大好き!おいしいカレーをよりヘルシーに食べるには?

子供から大人まで根強い人気を誇るカレー。あまりヘルシーなイメージはありませんが、具材の選び方・使い方次第で栄養バランスのよいメニューになります。

スパイスが元気な体づくりをサポート

カレーには、香りや辛味をつけるために、次のようないろいろなスパイスが使われていますが、これらには、元気な体づくりを助ける働きもあります。

[スポンサーリンク]

ターメリック(ウコン)

胃や肝臓の働きを助けます。

ショウガ

体を温め、血の巡りを助けます。

にんにく

疲労回復に効果的なアリシンを含んでいます。

クミン

食欲を高め、消化を促進します。

唐辛子

代謝を高め、脂肪の燃焼を助けます。

コリアンダー

食欲を高め、消化を促進します。

意外にも塩分は控えめ

カレーは味が濃いので塩分が多いと思われがちですが、実は、カレーの塩分量は1食あたり約2gとさほど多くありません。カレーに使われるたくさんのスパイスが味を支えるため、塩分をたくさん使わなくてもしっかりした味付けになるのです。
ただし、食べるときにソースや醤油などをかけると当然塩分量は増えます。

ヘルシー具材の選び方

カレーをなるべくヘルシーな具材で作りたいときは、次の基準で選びます。

メインの具材

脂肪の少ないものを選ぶのがポイントです。モモ肉やヒレ肉、あるいは魚介類を選びましょう。

野菜類

にんじんや玉ねぎなど低エネルギーのものをたっぷり使います。いも類は炭水化物が多く、野菜のなかでは高エネルギーなので摂りすぎには注意しましょう。

カレールウの使いすぎを防ぐには?

市販のカレールウには、コクを出すために脂肪が多く含まれています。カレールウを少なめにしても、カレー粉やトマトの缶詰を活用すれば、よりヘルシーでおいしいカレーができます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ