栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

りんごの効能とおすすめレシピ、食品成分表

りんごには、食物繊維やカリウム、ビタミンCが多く含まれています。
その栄養効果として、下痢や便秘の解消、むくみの緩和、風邪予防、動脈硬化の予防、疲労回復効果などが期待できます。

りんごの効能

食物繊維のペクチンには、腸内でビフィズス菌などの善玉菌のえさになって善玉菌を増やし、悪玉菌を撃退して腸内の有害物質を排除する働きがあり、下痢や便秘の解消に効果を発揮します。加熱やすりおろしなどの調理に強いので、コンポートやジュースにしてもこの効果は変わりません。

ビタミンC・カテキン・ケルセチンには抗酸化作用があり、老化・動脈硬化・ガン予防に有効です。

また、カリウムがむくみを解消し、酸味成分のリンゴ酸やクエン酸は疲労を回復してくれます。リンゴ酸には、炎症を抑え、咳を止め、粘膜を保護する働きもあります。

キウイフルーツや豆乳と一緒に摂ると、腸内の乳酸菌を増やし、便秘を解消します。

[スポンサーリンク]

りんごの人気&簡単レシピ

しっとりりんごケーキりんごケーキ

つまみ出したらノンストップ!思い立ったらすぐ作れる簡単ケーキです。できればりんごは紅玉がベスト。他の種類を使う場合は、少しレモン汁を振りかけてから生地に混ぜ込むと良いようです。シナモンを加えるとまた違った味わいに♪りんごには胃腸の働きを促す有機酸が含まれているので、食欲がないときにもおすすめです。

簡単!ホットケーキミックスでりんごケーキホットケーキミックスでりんごケーキ

混ぜるだけ!ホットケーキミックスを活用したお手軽りんごケーキ。どんどん混ぜちゃっても失敗なし。生地が少なく感じても問題なし。分離も気にする必要なし。がぁ〜っといっちゃってOKです♪できればりんごは、整腸作用があるペクチンを含む皮も一緒に頂きましょう。

りんごとキャベツのサラダりんごとキャベツのサラダ

簡単だけど止まらない!りんごの甘酸っぱさとシャキシャキ感が後を引く♪甘みあるキャベツと抜群のコンビネーションです。りんごは変色しやすいので、切ったらすぐにマヨネーズで和えましょう。皮付きのままなので彩りがきれいな上に、皮に含まれるポリフェノールもしっかり摂取できます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1678 views