栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

バナナがアスリートの補給食として愛用されるのはなぜ?

バナナの主成分は炭水化物です。未熟なうちはでんぷんですが、熟すにつれて、ブドウ糖・果糖・ショ糖などの
消化吸収のよい糖質に変化します。

エネルギー量が高く栄養も豊富

バナナはエネルギー量が高く、2本食べるだけでごはん1杯分の炭水化物を摂取したことになります。体内で速やかにエネルギーに変換されるため、病中・病後の食事代わりとしても重宝されます。
また、糖質以外にも栄養価は豊富で、特にカリウムは100gあたり360mgと高い含有量です。カリウムには余分なナトリウムを尿中に排出する作用があり、高血圧の予防に効果的です。

[スポンサーリンク]

疲労回復から生活習慣病予防まで幅広くサポート

バナナは、βカロテン、ビタミンB2・C、マグネシウムなどの栄養素も豊富です。ビタミンB2はクエン酸との相乗効果が期待でき、乳酸などの疲労物質の分解を促進して疲労回復に役立ちます。スポーツ選手が補給食としてバナナを食べるのは、実はこのためだったのです。
さらに、便通を促す食物繊維や腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖が含まれているので、整腸作用はもちろんのこと、動脈硬化や糖尿病、ガン予防にも有効です。
そのほか、神経の伝達機能を活性化して脳の老化防止に効果のあるメラトニン、抗ガン作用のあるポリフェノール、免疫力を高めるTNF活性因子なども含まれています。

スジの部分には強い抗酸化作用が

果肉の表面にある白いスジには、強い抗酸化作用があるといわれています。取り除いてしまいがちですが、できればそのまま食べたいものですね。
なお、完熟して皮に黒いシュガースポットが現われると、抗酸化作用は最大になります。

カルシウム食品と組み合わせて栄養補給

体が弱っているときのエネルギー補給には、牛乳・乳製品などカルシウムが豊富な食品とバナナと組み合わせるのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]