栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

芽キャベツの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

芽キャベツには、ビタミンCやβ-カロテン、カリウム、食物繊維が多く含まれています。

[スポンサーリンク]

芽キャベツの効能

芽キャベツはキャベツから分化した変種で、原産地はヨーロッパです。日本へは明治初期に導入されましたが、一般家庭で食されるようになったのは戦後のことです。
ビタミンCの含有量はキャベツの約4倍で、野菜中トップクラスの赤ピーマンと大差がないほど豊富です。
また、免疫力を高めて肌を若々しく保つβ-カロテンや、ナトリウムの排出を促して血圧を安定させるカリウム、腸内環境を整える食物繊維もふんだんに含まれているほか、次の成分の効能にも期待できます。

キャベジン(ビタミンU)

抗腫瘍成分で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を改善する働きがあります。

アリルイソチオシアネート

辛味成分でイオウ化合物。がん予防、血栓防止作用がある。

グルコシノレート

解毒機能を強化し、発がん物質を体外に排出。

MATS(メチルアリルトリスルフィド)

イオウ化合物で、強い抗酸化作用によってガンを予防し、血栓を防ぐ。

インドール

有臭成分で、発がん物質を解毒・消失させる。

フィトステロール

動脈硬化を予防。

芽キャベツは、小粒で固く、葉がしっかりと巻いているもの、葉につやがあり濃い緑色のものが上質とされています。大きすぎるものや黄色い葉が混ざっているものは避けましょう。
乾燥しないよう、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存します。あまり日もちしないため、早めに使いきりましょう。

[スポンサーリンク]

芽キャベツの人気&簡単レシピ

芽キャベツのガーリックバターグリル

キャベツより栄養価が高く、ビタミンKが約2倍、ビタミンCはなんと約4倍も!そんな芽キャベツをフライパン一つで簡単グリル♪ガーリックバターでこんがりうまうま♪そのままおつまみにするも良し、肉料理に添えてもオシャレです。

茹で芽キャベツ(レモンつゆ)

シャキッと茹でた芽キャベツとレモンのきいたさっぱりつゆ、そしてかつお節がやめられない美味しさ!ポイントはなんといっても、火を通し過ぎないこと。茹で上がった後に冷やすことで、シャキシャキ感を生かせます。その後ザルに上げると水分が飛び、調味料が絡みやすくなるというメリットも♪

芽キャベツベーコン炒め

栄養たっぷりな芽キャベツに、旨みたっぷりなベーコンを合わせて。芽キャベツに豊富なビタミンCは風邪予防・疲労回復・肌荒れ改善、ビタミンKには血液の凝固作用などに役立ちます。

芽キャベツの塩バター煮

ほんの少しの塩とバターがポイント!それだけで、芽キャベツの甘みがグンと引き立ちます。見た目もキレイ♪煮込みすぎず、芽キャベツの歯ごたえも楽しみましょう。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]