栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

粉唐辛子(カイエンペッパー)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

粉唐辛子には、カプサイシンが多く含まれています。
その栄養効果として、血行促進、ダイエットサポート、新陳代謝促進、食欲増進効果などが期待できます。

粉唐辛子の効能

粉唐辛子とは赤く熟した唐辛子(カイエン)の実を乾燥させて粉末化したもののことをいい、カイエンペッパーまたはカイエンヌペッパーとも呼ばれています。

メキシコ・東南アジア・中国・南イタリアのほか、北アメリカのケイジャン料理などのスパイシーな料理に欠かせないハーブで、古代ヨーロッパでは当時高価だった黒コショウの代わりに普及して、痛みの軽減や血液の循環をよくするハーブとして長い間使われ、中国や日本では、関節炎・筋肉痛の湿布薬や循環器・消化器系の治療薬として使われていました。

これらの効果は唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシンによるもので、漢方では変形性関節症や関節リウマチ、帯状疱疹および線維筋痛症に伴う関節や筋肉の痛みを緩和するための湿布薬に利用され、乾癬などによる炎症やかゆみを軽減するためにローションや軟膏の成分にも含まれているほか、血中コレステロール値の低下や血行の改善、胸やけの軽減、血糖値の調整といった効能も持っています。

また、カプサイシンには体内のエネルギー消費を促進させる効果があるため、ダイエットや新陳代謝の活発化、ひいては生活習慣病予防にも役立つと考えられており、食欲増進、健胃作用、疲労回復にも有効といわれています。

[スポンサーリンク]

粉唐辛子の人気&簡単レシピ

スンドゥブチゲ

「粉唐辛子」は韓国の唐辛子で、日本の一味唐辛子とは違うのでご注意を。一味唐辛子しかない場合は最後に加え、辛さを調節してください。大さじ1も入れるとかなり辛くなります。

麻婆豆腐

おいしさのポイントは、豆腐は面倒でも必ず茹でること。臭みがとれ、型崩れも防げます。肉は油が温まる前に入れると、焦げにくくなります。炒めながら油が気になるときは、キッチンペーパーでとってください

パーフェクトピーマン

ラップの上でミンチとお味噌を混ぜペースト状にし、そのラップを裏返してそのままお皿にラップを掛けてレンジ加熱。約1分くらいでラップからミンチが自然と、ピーマンの上にペースト状のまま落ちます。

豆腐のコチジャン焼

豆腐の型崩れを防ぐコツは、水気をしっかり取ること。片栗粉まぶすときは 壊れやすいので気をつけて。辛いのが苦手な方は、コチジャンの分量を減らしてケチャップで♪

ユッケジャンスープ

コチュジャンはお好みで味をみながら調整してください。粉唐辛子少しでも辛くなりますよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
748 views