栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

さくらんぼの効能とおすすめレシピ、食品成分表

さくらんぼには、カルシウムや鉄、カリウムが多く含まれています。
その栄養効果として、骨・歯の強化、イライラ解消、貧血予防、利尿効果などが期待できます。

さくらんぼの効能

さくらんぼは、100g中でみるとほかのフルーツに比べてカルシウムや鉄を多く含んでいるため、骨や歯の強化やイライラ解消、貧血予防に効果があります。

柄の煎じ汁には利尿作用があり、漢方では腎臓病の特効療法として定評があります。

国産のものとアメリカンチェリーを比べると、一般的にビタミン類は国産もののほうが多いのに対し、カロリーやミネラルはアメリカンチェリーが上回っています。

[スポンサーリンク]

さくらんぼの人気&簡単レシピ

さくらんぼのクラフティさくらんぼのクラフティ

混ぜて焼くだけ。肩肘張らずにできるフランスの簡単焼き菓子です。さくらんぼは生に限るという方もぜひお試しあれ。生地作りは簡単でも、キレイに切り分けるにはちょっとしたコツが必要。小さなココット型に入れて焼いても可愛いですよ。冷やして食べるのがおすすめ♪

さくらんぼジャムさくらんぼジャム

一パックのさくらんぼで作る色がキレイな簡単ジャム。種を取り除いたらミキサーにかけることで、舌ざわりなめらかな仕上がりに。粒を残したい場合はそのままで。煮ている間は焦がさないように混ぜ続け、どろっとして鍋の底が見えてきたら完成です。

さくらんぼ大福さくらんぼ大福

さくらんぼに見立てた大福?いえいえ、中身もちゃんとさくらんぼ♪白あんの上品な甘さと、さくらんぼの風味が美味。オシャレにラッピングしてプレゼントしたくなる可愛さです。

さくらんぼのコンポート(ジャム)さくらんぼのコンポート(ジャム)

さくらんぼの季節に♪こんな形にすれば、キラキラ輝く赤い実を長い期間楽しめます。パンやヨーグルト、アイスクリームにかけて食べたり、パウンドケーキやクラフティ、ゼリーに入れたり、多めに作っておけばいろいろ使えてとっても便利。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
930 views