栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

練乳の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

練乳には、タンパク質や糖質、脂質、カルシウム、鉄分、リンなどが含まれています。
その栄養効果として、皮膚・粘膜の維持、イライラ解消効果などが期待できます。

練乳の効能

練乳とは、牛乳の成分を可能な限り凝縮してバイ菌などの菌の発生を抑えたミルクのことをいい、1856年に赤ちゃんに安全に飲ませることを目的にアメリカで開発されました。日本で初めて作られたのは1872年で、粉ミルクが開発されるまで乳児の人工栄養として利用されていました。練乳には、無糖練乳(エバミルク)と加糖練乳(コンデンスミルク)の2種類があります。

練乳にはタンパク質・糖質・脂質が濃縮されているため、牛乳よりも豊富に含まれています。また、カルシウムや鉄分、リン、亜鉛などのミネラル類や、ビタミンA・C・E・Kなどのビタミン類も含まれています。

タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素は体を強化して力をつけます。また、カルシウムが丈夫な骨や歯を作り、ビタミンKはその働きを強めると同時に情緒の安定に働きかけます。さらに、鉄分が貧血を予防して造血に役立ち、亜鉛が成長を促すほか、ビタミンAが皮膚や粘膜を強化し、ビタミンCが血管を丈夫にして抵抗力を高めます。

[スポンサーリンク]

練乳の人気&簡単レシピ

練乳には、無糖練乳と加糖練乳があります。生乳または牛乳を濃縮したもので、直訳するとコンデンスミルクですが、一般的にコンデンスミルクと呼称する場合は加糖練乳を指します。無糖練乳は、エバミルクと言います。

練乳でミルククッキー

時間が無い場合は、冷凍せずにそのまま型抜きできます。少し扱いにくいので、ラップの上で型抜きするとやりやすいですよ。

練乳カフェオレ

コツは何よりよく混ぜること。また、加糖コーヒーを使うと、結局普通のカフェオレとあまり変わらないような味になります。

マドレーヌに練乳ヨーグルト

冷凍庫で3時間冷やしたマドレーヌを使用。それほど硬くはならず、ちょっとひんやりする程度です。もっと長い時間冷凍していても、ナイフで切れそうです。

ジャム&練乳トースト

ジャムはお好みですが、イチゴがおすすめ♪大量に余った練乳の消費にもぜひ!

練乳ミルクプリン 桃のゼリーのせ

ゼラチンはよく混ぜてよく溶かし、しっかり固めて。甘さは好みで調節してくださいね。食紅は多すぎると真っ赤になってしまうのでご注意を。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1313 views