栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

クリーム(生クリーム)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

クリームには、オリゴペプチドやラクトフェリン、オピオイド関連ペプチド、カゼインホスホペプチド、乳糖が含まれています。
その栄養効果として、骨の維持、便秘解消、リラックス効果などが期待できます。

クリームの効能

クリームは元来、搾乳後に浮上する脂肪分を採取して用いられていました。日本国内では1960年代の洋菓子の普及とともに需要が拡大し、現在では業務用だけでなく一般家庭でも普通に使われています。

種類としては、乳酸発酵を行なった生クリームから作られるサワークリームや、発酵クリームのヨーグルト型でホイップができるヤオルトシャンティ、安定剤や乳化剤をホイップクリームなどに添加した加工クリーム、料理用発酵クリームのひとつでフランス料理に用いられるクレームラフィネ、7割程度が乳脂肪分で非発酵型のクロテッドクリームがあります。

クリームには、高血圧予防に有効とされるオリゴペプチドや、細菌の感染を防いだり増殖を抑えたりする働きがあるほか、免疫力を高めてがんを予防する作用があるとされるラクトフェリン、神経を鎮めて血圧の正常化に作用するといわれるオピオイド関連ペプチド、カルシウムの体内への取り込みを促進させる働きがあるとされるカゼインホスホペプチド、カルシウムの吸収率を上昇させたり便通を促したりする作用があるといわれる乳糖が含まれています。

[スポンサーリンク]

クリームの人気&簡単レシピ

生乳や牛乳を分離して取り出した「乳脂肪のみ」を原料とし、容器に「種類別:クリーム」と表示されている乳等省令上のクリームは、世間一般で「生クリーム」と呼ばれています。

生クリームでパウンドケーキ

余った生クリーム消費!焦げそうなときは、アルミホイルをかぶせてください。竹串をさして何もつかなければ焼き上がりです。

にんにくベーコン生クリームでパスタ

本当に急いでいるときのお助けレシピ!ポイントは、パスタを茹でるのとフライパンで炒めるのを同時進行で行うこと。10分強で出来上がります♪

生クリームから手作りバター

最初から乳脂肪が分離しやすくなっていると言うより、分離してしまっている売れ残り生クリームをバターに♪生クリームとしての賞味期限切れで結構。最も収率が高い方法です。

生クリームでビーフストロガノフ

キノコはお好きなものでOKですがマッシュルームはぜひ入れて♪風味が最高です。豚肉でも十分美味しく作れます。ヨーグルトを入れると酸味が出ますが、より本格的な味わいに!

生クリームちぎりパン

生クリームが30ccくらいしかない場合は、水を足して130ccになるようにしてください。焼き時間は、オーブンの種類や大きさやなどに合わせて調節してくださいね。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1039 views