栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

更年期に入ってからでもまだ間に合う!カルシウムで丈夫な骨づくり

体を構成しているミネラルのなかで最も多く含まれているのがカルシウムで、その量は体重の1〜2%に相当し、99%が骨や歯に、残りの1%が血液や筋肉、神経などのあらゆる細胞の中に存在しています。また、カルシウム量は常に一定の濃度に制御されています。

活発な骨代謝に欠かせないミネラル

カルシウムは、マグネシウムやリンとともに骨や歯を丈夫に保つ働きがあります。
骨のなかでは、新しい骨を作る骨形成と、古い骨を溶かして吸収する骨吸収が繰り返されています。カルシウムが不足すると、この骨代謝を活発に行うことができなくなります。
このほか、血液凝固、筋肉の収縮、神経の興奮の抑制、体液のpHの調整などにもカルシウムは関与しています。

[スポンサーリンク]

不足すると骨粗鬆症やイライラの原因に

カルシウムは、日本人に不足しがちなミネラルです。不足すると、血中濃度を一定にするために骨のカルシウムが溶け出し、骨粗鬆症になりやすくなります。また、肩こり・腰痛・イライラなどが生じることもあります。
閉経後の女性はホルモンの影響で骨の量が減りやすくなるので、カルシウムの摂取が特に必要です。乳糖・ビタミンD・クエン酸などと一緒に摂ると、カルシウムの吸収率がアップします。

摂りすぎは泌尿器系結石を引き起こすことも

一方、カルシウムの過剰摂取は泌尿器系結石を引き起こす危険性があります。また、マグネシウム・鉄・亜鉛などの吸収を阻害するので要注意です。

もう歳だからとあきらめないで!

高齢の女性が骨粗鬆症になりやすいのは、更年期になるとホルモンの影響で骨のカルシウム量が大幅に減少するからです。若いころからできるだけ多くのカルシウムを骨に貯蓄しておくことが大切なのですが、更年期に入ってからでも間に合います。カルシウムの吸収を高めるビタミンDと一緒に、積極的に摂るようにしましょう。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]