栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ふりかけの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

ふりかけは、魚粉・大豆タンパク・海苔・昆布・ごま・ゆかり・あられ・食塩・うま味調味料などを配合した市販品が多く販売されています。

[スポンサーリンク]

ふりかけの特徴

ふりかけは、ご飯などにふりかけて食べる粒子あるいは粉末状の食品です。
ご飯にかけるものとして古くから利用されているものに、ごま塩・もみ海苔・削りかつお・でんぶなどがありますが、ふりかけが広く一般的になったのは、加工食品として商品化されてからのことです。

市販品には、袋入りの手軽なものと手づくりに近い佃煮風のものとがあり、袋入りのものには魚粉・大豆タンパク・海苔・昆布・ごま・ゆかり・あられ・食塩・うま味調味料などを配合したもの、佃煮風のものはでんぶ状のものに海苔・昆布・ごまなどを配合したものが多くあります。

ふりかけはご飯を食べやすくするため、子どもや少食の高齢者によく利用されます。魚粉やごま、海苔などはカルシウム源になりますが、食塩の摂りすぎや、副食の少ない偏った食事になりやすい点が問題となっています。

[スポンサーリンク]

ふりかけの人気&簡単レシピ

ソフトおかかふりかけ

あっという間に出来るので、とっても簡単。少しだけ作りたい場合は、すべての材料を半量で。花かつおの場合は、手で揉んで細かくしてから使ってください。

酢入り納豆にゆかりふりかけ

よく混ぜた納豆がふわふわ♪思いつきで試したらぴったりでした!酢入りの納豆好きの方はぜひお試しください。

アボカドのふりかけまぶし

ふりかけは商品によって塩分や味が違うので、味見をしながら調整してください。おつまみにいいですよ。

カルシウムたっぷりふりかけ

おにぎりにもぴったり♪鰹節を多めにして、ふわふわ〜にして食べても美味しいです。

ふりかけでカラフルおにぎり

好みの味にしてにぎるだけ!自分用のおにぎりにふりかけを混ぜて楽しんで♪

のっけるふりかけ まぐろの醤油麹煮(丸美屋)
おとなのふりかけミニ その1 20袋入(永谷園)

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]