栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ぶどうの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ぶどうには、カリウムやビタミンB1、ビタミンC、ポリフェノールが多く含まれています。
その栄養効果として、眼精疲労解消、動脈硬化・ガンの予防、疲労回復効果などが期待できます。

ぶどうの効能

ぶどうに含まれているアントシアニンは、眼精疲労や活性酸素の除去に効果があるほか、悪玉コレステロールの発生を防いで血液をサラサラにし、動脈硬化やガンも予防します。

また、デラウエアなどに含まれるレスベラトロールは強い発ガン抑制に効果を発揮し、すぐにエネルギーに変わるブドウ糖や果糖は疲労回復に効果があります。

ポリフェノールは皮に多く含まれており、糖度も皮と実の間が最も高いので、皮ごと食べるのが理想的です。

また、干しぶどうは生のぶどうに比べ、カルシウムは10倍以上、鉄は20倍以上にもなるため、特に貧血の人にはおすすめです。

かぼちゃやアスパラガスと一緒に摂ると、相乗効果でガンの予防効果がアップします。

[スポンサーリンク]

ぶどうの人気&簡単レシピ

まるでビール!ぶどうゼリーぶどうゼリー

どこからどう見てもビールなのに食べてビックリ、実はゼリー!泡に口をつけて初めてわかるくらいのリアルさです。ポイントはゼラチンをジュースでふやかすこと。水を使うと味が薄くなってしまいます。電子レンジで加熱するときは沸騰させないように要注意。できるだけ目を離さないようにしましょう。

ぶどうジャムぶどうジャム

疲労回復効果に優れたぶどうを季節限定の贅沢なフレッシュジャムに♪カサが減る分、おいしさがギュッと凝縮!おいしく仕上げるコツは、煮詰めすぎないこと。他のジャムよりゆるめに仕上げましょう。砂糖はぶどうの甘さや好みによって加減してください。ぶどうには脳の働きを活発にする作用もあるので、朝食にもぴったりです。

ワインのおつまみ!葡萄のマリネ葡萄のマリネ

ワインの用意はお済みですか?旬のぶどうを使ったおいしいマリネですよ♪品種はお好みですが、巨峰やピオーネを使えばグリーンオリーブとの彩りが良く仕上がります。冷蔵庫で冷やして味を馴染ませる時間がないときも、おいしく頂ける方法もあり!

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1022 views