栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カルシウム

赤ちゃんは母乳で育てるほうがよいといわれる理由とは?

一般的に、赤ちゃんは育児用粉ミルクよりも母親の母乳で育てるほうがいいとされています。これは、母乳を飲む赤ちゃんと母乳を与えるお母さんの双方にメリットがあるというのが理由のようです。

赤ちゃんにとってのメリット

成長に必要な成分がすべて含まれている

母乳には乳糖・脂肪・タンパク質・カルシウムなど、すくすく育つための栄養素が含まれています。

[スポンサーリンク]

無理なく消化吸収できる

母乳の栄養素は赤ちゃんにとても吸収しやすい形になっています。

丈夫な体を作る免疫物質が豊富

病原菌の感染を抑える免疫物質が含まれており、特に初乳(産後〜3・4日後くらいの間に出る母乳)に多いことがわかっています。

スキンシップにより情緒を育む

お母さんに抱っこされて母乳を飲むことで特別なぬくもりを感じます。母子の絆が深まり、豊かな情緒を育みます。

お母さんにとってのメリット

子宮や体調の回復を助ける

オキシトシンの分泌により、子宮を収縮させて産後の回復を早めます。

産後に無理なく体重の減少ができる

妊娠中についた脂肪も、母乳を与えることでフル活用され、元の体重に戻りやすくなります。

いつでも適温&衛生的なため、赤ちゃんにすぐ与えられる

生まれてから2〜3ヶ月は昼夜の区別もない忙しさですが、母乳ならミルク作りの手間がかかりません。

最も大切なのは愛情

母乳で育てたくても母乳があまり出ないなどの理由で、育児用粉ミルクで育てざるをえないというお母さんもいますが、気にする必要はまったくありません。ミルクでも愛情のある授乳で赤ちゃんは安心できるものです。
ストレスは母乳の出をより悪くする原因にもなりえますので、おおらかな気持ちで取り組んでいきましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2015年11月4日)
389 views