栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

バーモントドリンクでおいしい健康づくりはいかが?

バーモントドリンクという名は、カナダとの国境近くに位置するアメリカのバーモント州に由来します。

ここは昔から長寿の人が多い地域として、またりんごの一大産地として知られている地域で、古くからりんご酢とはちみつを混ぜ、水や牛乳、サイダーなどで割って飲む習慣があったことからこの名がつき、その健康効果が世界でも注目されるようになりました。

[スポンサーリンク]

なぜりんご酢&はちみつの組み合わせ?

りんご酢は、酢酸のほか、りんごに含まれていたカリウムやリンゴ酸、クエン酸を多く含んでいるため、血圧降下作用や整腸作用など、りんごと同じような効果が期待できます。
そして、このりんご酢と好相性なのがはちみつなのです。りんご酢にはちみつを加えると、酸味がやわらいで飲みやすくなるだけでなく、はちみつに含まれるビタミンやミネラルもプラスされるため、栄養価がさらにアップするのです。

あのカレールーとの関連性は?

ちなみに、日本で市販されているりんごとはちみつを加えた某カレールーは、こうしたバーモント地方の健康法からヒントを得て作られたものだそうです。

早速作ってみよう!

バーモントドリンクの作り方はいたって簡単で、りんご酢とはちみつを同量ずつ混ぜ、水で7〜10倍に薄めるのが基本です。酸味が苦手な人や子供用には、りんご酢とはちみつの割合を1:2にするなどして味を調整しましょう。寒い季節には水の代わりに湯を加えてホットにしたり、サイダーや牛乳などで薄めたりと、アレンジがきくのも魅力です。

あらゆる場面で手軽に飲める

朝食時の目覚めのドリンクとして、あるいは子どものおやつや風呂あがりの一杯など、いろいろなシーンでバーモントドリンクを試してみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]