栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

日向夏の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

日向夏には、食物繊維やカルシウム、クエン酸、ビタミンCが含まれています。

[スポンサーリンク]

日向夏の効能

日向夏はミカン科ミカン属の常緑低木の柑橘類で、原産地は宮崎県ですが、みかんの産地ではほとんど栽培されています。

味はみかんよりもレモンやグレープフルーツに似ており、ジュースやスムージー、ケーキ、マーマレード、ゼリー、ジャム、砂糖漬け、サラダ、ちらし寿司などにも利用されます。

日向夏のアルベドという白い皮の部分には食物繊維が多く含まれているため、整腸作用やコレステロール排出作用による生活習慣病予防が期待できます。

カルシウムも多く含まれているため、骨や歯を丈夫にするほか、柑橘類に豊富に含まれるクエン酸がカルシウムの吸収を促進させます。

また、豊富なビタミンCは肌にハリを与えるほか、抗酸化作用による動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの予防にも有効です。

日向夏の旬は冬から春です。通常ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に保存しますが、加工すれば長期の保存が可能になります。

[スポンサーリンク]

日向夏の人気&簡単レシピ

日向夏のマーマレード

香りのいい日向夏の皮を捨てるのはもったいない!と思ってマーマレードに♪皮の柔らかい日向夏は、マーマレードにおすすめですよ。

日向夏のマフィン

ホットケーキミックス使用で失敗なし!種なし日向夏を使うとより簡単♪ちょっとオシャレにラッピングすると、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

日向夏ピール 果皮の甜菜グラニュー糖漬け

夏場など暑い時期に作る場合は、乾燥に時間がかかる可能性があるので、涼しい場所で作業すると良いかもしれません。茶色っぽい仕上がりになりますが、ビートグラニュー糖は甜菜糖で代用できます。

小夏ゼリー

よりおいしく仕上げるポイントは、果汁の絞り方。しっかり果汁を絞らないと、薄味になってしまいます。果肉を一緒に入れて食感を楽しむのもおすすめ!

小夏ジャム

白い綿ごと食べるものなので、普通のマーマレードを作るより前処理が簡単♪日向夏でも、同じように作れます。少し面倒でも塩で表面を洗う一手間をかけることで、一段と香り良く仕上がります。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]