栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

敵視されがちなコレステロールの体内での大切な役割とは?

健康のためにはまったく必要のないものというイメージのあるコレステロールですが、これは大きな間違いです。また、善玉コレステロール・悪玉コレステロールというように、単純によい悪いという分け方をすることもできません。どのタイプのコレステロールも、体にとっては必要な物質なのです。

LDLとHDLの違いは?

コレステロールは不溶性なので、リン脂質やタンパク質と結びつき、水に溶ける性質を持つリポタンパク質の形で血液中に存在しています。中性脂肪が占める比重により4種類に分けられますが、健康を考えるときに重要なのはLDLとHDLです。
LDLはコレステロールを肝臓から体の各組織に運ぶ役割を持ち、悪玉コレステロールと呼ばれます。名前は悪玉ですが、細胞膜や性ホルモン、副腎皮質ホルモン胆汁酸、ビタミンDなどの原料として必要不可欠な物質です。
一方、HDLは組織中のコレステロールを肝臓に戻す働きをしており、善玉コレステロールと呼ばれます。

[スポンサーリンク]

多すぎると動脈硬化、不足すると免疫力低下

血液中にLDLが増えすぎると、酸化型のLDLに変わって動脈硬化が進行し、心筋梗塞や狭心症、脳血管疾患などの危険性が高まりますが、反対に血液中のコレステロールが低すぎると、細胞膜や血管が弱くなるとともに免疫力も低下し、ガンや脳出血を起こしやすくなるとされています。

コレステロールを過不足なく適度に摂るには?

コレステロールを上手に摂るためには、次の項目を意識した食生活を送りましょう。

  1. 野菜・海藻・きのこなど食物繊維が多い食品を十分に摂る(コレステロールの吸収を抑制)
  2. 動物性脂肪は控える
  3. 調理油にはオレイン酸の多いオリーブ油を選ぶ(コレステロールを下げる)
  4. EPA・DHAが多い青魚を週に一度は食べる
  5. ビール瓶中1本程度のアルコールを摂取(HDLを上げる)
[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]