栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンC

免疫力アップを目指すなら旬の食材を積極的に!

免疫力を高めるには、1つの成分だけでなく、同時に複数の成分をバランスよく摂ることで効果が増強します。

そこで、免疫力アップを助けるといわれる食品をご紹介します。

[スポンサーリンク]

サプリメントよりも自然の食品から

多忙な日々の中においては、栄養なんてサプリメントで摂ればいいと考えがちですが、サプリメントには配合されている成分しか含まれていません。自然の食品なら、一度により多くの成分を摂取することができるのです。

免疫力を高める栄養素

特に免疫力アップに必要で効果があるといわれているのは、次の栄養素です。

タンパク質

肉・魚・卵・豆・豆製品・乳・乳製品に豊富に含まれる。

ビタミン・ミネラル・ポリフェノール類

野菜・果物・キノコ・海藻類に豊富に含まれる。

乳酸菌類

ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・キムチなどの発酵食品に多く含まれる。

これらが揃うと、体の免疫細胞がたくさん増え、免疫システムもスムーズに動いて、免疫力が向上していきます。

旬の食材がよりおすすめな理由とは?

乳製品は年間を通して同じような効果が得やすいのですが、野菜は季節によって効果に変動があります。これは、野菜や果物には旬があり、旬の時期に収穫されたものとそうでないものでは、含まれる栄養素の量が違うからです。
たとえば、生のホウレンソウの場合、100gあたりに含まれるビタミンCは35mgといわれていますが、これは年間を通しての平均値で、実際には、旬の冬採りなら60mg、夏採りなら20mgと、3倍もの差が出ています。
最近では、大半の野菜が年間を通して流通しているので、旬を意識することはあまりありませんが、野菜を選ぶときのチェックポイントにしたいものですね。

冷凍野菜をうまく利用するのも一案

なお、冷凍野菜なら、旬のものを凍結してあるのでほとんど遜色はありません。上手に利用しましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。