栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

イヌリン

イヌリンとヨーグルトの美味しい関係

イヌリンの特徴のひとつに、体内で消火吸収されず、腸内に届いてはじめて分解され、フラクトオリゴ糖となる性質があります。このため、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで、腸内環境を整える効果があります。

そこで、イヌリンと一緒に、ビフィズス菌やプロバイオティクス乳酸菌のヨーグルトを食べることをお勧めします。

最近のヨーグルト商品は、ビフィズス菌やプロバイオティクス乳酸菌が生きたまま腸内に届くことをアピールし、特定保健用食品(トクホ)として認可されているヨーグルトがたくさんあります。

これらヨーグルトと一緒にイヌリンを摂取すれば、腸内でフラクトオリゴ糖になったイヌリンが、ビフィズス菌やプロバイオティクス乳酸菌などのエサとなり、善玉菌が増えるというわけです。

腸内でビフィズス菌が優勢になると腸が浄化され、調の働きも活発になります。その結果、腸環境が良くなり、せん動運動が活発化して便秘解消につながります。

またイヌリンは甘味料としても使われることから、ヨーグルトを美味しくしてくれます。甘味料と言っても、体内に吸収されない糖類なので、太ることはありません。

更にイヌリンにはカルシウムの吸収を助ける効果もあります。牛乳がヨーグルトに変わっても、含まれるカルシウムの量は変わらないので、ヨーグルトにも豊富なカルシウムが含まれています。

イヌリンは、ヨーグルトに含まれる善玉菌を腸内で増やし、食べるときにはヨーグルトの味をまろやかにしてくれて、さらにカルシウムの吸収を促進までしてくれます。

まさにイヌリンとヨーグルトは相性抜群のコンビというわけです。

雪印メグミルクのナチュレ恵ヨーグルトには、ビフィズス菌SP株とガセリ菌SP株が入っています。ビフィズス菌の仲間とガセリ菌の仲間で、日本人のおなかと相性の良い、ヒト由来の菌です。小腸と大腸、ふたつの腸の役割を考えて、2種類の菌がダブルで入っており、特定保健用食品として認可されています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。