栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

菊芋(きくいも)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

菊芋には、イヌリンやカリウム、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、糖尿病予防、ダイエット、高血圧予防、筋肉痙攣防止効果などが期待できます。

菊芋(きくいも)の効能

菊芋はキク科ヒマワリ属の多年草で、食用とされるのは肥大した根の部分です。北アメリカが原産とされ、日本には江戸時代末期に家畜の飼料として導入されました。

菊芋に含まれる最も注目すべき栄養素は、「天然のインスリン」といわれる多糖類のイヌリンで、一般的なイモ類と違ってデンプンがあまり含まれていない代わりに、生の菊芋には15%前後のイヌリンが含まれているといわれています。

このイヌリンは、消化によってオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖となり、血糖値の異常によって起こる糖尿病などによい影響を与えるとされています。
イヌリンの栄養効果の詳細については、下記の記事も参考にして下さい。

また、菊芋はデンプンをあまり含まないため、イモでありながらじゃがいもの半分以下のカロリーしかありません。さらに、豊富なカリウムがナトリウムを排泄するため、高血圧予防に効果があるほか、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きも期待できます。

[スポンサーリンク]

菊芋の人気&簡単レシピ

ポークソーセージで菊芋ジャーマンポテト

名前は「いも」でも、糖質にでん粉を含まない菊芋を使ったジャーマンポテト。電子レンジを使うことが時短のポイント。菊芋にあらかじめ少し火を通しておくことで、時間とガス代を節約できる上に、好みの加減に焼きあげられます。菊芋の甘味とベーコンの旨味、そしてガーリックが絶妙!

菊芋のさっぱり酢炒め

ご飯を進める甘辛味が、お酢入りでさっぱり♪菊芋のシャキシャキ感を楽しむには、火を通し過ぎないことが大きなポイントです。天然のインスリンとも呼ばれる成分“イヌリン”が豊富な菊芋は、糖質制限中の方にもおすすめの食材。血糖値の上昇を抑えることから糖尿病などの生活習慣病予防をはじめ、更年期障害、肥満、便秘などにも効果的です。

菊芋のオーブンロースト

ローストした菊芋はお肉料理のサイドの付け合せにぴったりです。しっかり焼くと、ふわっと柔らかくとろけるような独特の食感に!菊芋には食物繊維のイヌリンの他、ビフィズス菌のエネルギー源となるフルクトオリゴ糖、活性酵素を除去するポリフェノール、老化や動脈硬化を予防するセレン、さらにはビタミン類や酵素も豊富。いろんな面から健康維持に大きく貢献してくれますよ。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
779 views

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由

人気記事ピックアップ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。
なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。
植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?
スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種
胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。
女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。
851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!
180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。