栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

昆布の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

昆布には、カリウムやカルシウム、マグネシウム、ヨウ素、アミノ酸が含まれています。

[スポンサーリンク]

昆布の栄養

昆布に大量に含まれているカリウムには血圧を下げる働きがあり、ナトリウムの排出を促すアルギン酸、血圧降下作用のあるラミニンとともに、高血圧を予防し、むくみを解消します。また、糖質の吸収を抑え、中性脂肪がたまるのを防ぐことから、肥満予防にも有効です。

さらに、ヨウ素によって老化防止、子どもの発育促進にも効果があります。

とろろ昆布は干しこんぶを食酢に漬けて削ったもので、こんぶ同様、ミネラルが豊富です。

サポニンやヨウ素の摂りすぎは、昆布を大豆や豆腐と一緒に食べることで防げます。

[スポンサーリンク]

昆布の人気&簡単レシピ

捨てないで!ダシ昆布でリサイクルチップス

ダシ昆布チップス

捨てないで!だしをとった後の昆布がおいしいおつまみに早変わり♪身の厚い昆布よりも薄い物の方が作りやすいようです。厚いものは、長めに煮出すか、別に煮込むなどして少し柔らかくしましょう。レンジの加熱時間が長すぎると焦げてしまうので、くれぐれも注意してください。
意外と簡単!ご飯のお供に。昆布の佃煮

昆布の佃煮

そのまま捨ててしまうなんてもったいない。だしをとった後の昆布で、ご飯と相性抜群のおいしい佃煮を作りましょう♪千切りにした昆布と調味料を鍋に入れたら、水分を足しながらコトコト煮るだけ。ほんのひとつまみの塩が大きなポイント!肉や加工食品が多い食生活で、身体が酸性に傾きがちな中、アルカリ性食品の中でもトップクラスの昆布は、健康維持に大きく役立ってくれるはず!
にんじんと昆布のあまから常備菜

にんじんと昆布のあまから常備菜

ミネラル豊富な昆布とカロテンたっぷりの人参を合わせ、便利なあまから常備菜に♪ひき肉入りでご飯にもぴったり!炒めるときは焦げないように注意し、水分がほとんど無くなれば完成です。昆布はだしをとった後のものでもOKです。

Amazonベストセラーの昆布
業務用塩こんぶ 500g(くらこん)

楽天市場で人気の昆布
北海道産 棹前頭一等煮昆布 新物 150g(50g増量中)乾物の里

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]