栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

βカロテン

生活習慣病の大敵・コレステロールや中性脂肪を下げるには?

コレステロールや中性脂肪はとかく悪者にされがちですが、実は生命維持に欠かせない物質です。コレステロールは細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料になるため、不足しても病気になりますし、中性脂肪も、体を動かすエネルギー源になり、燃やされた後の残りが体脂肪として蓄えられるのです。

コレステロールの種類と働き

コレステロールは、血液中では、タンパク質と結びついた「リボタンパク」という粒子の状態で存在しています。リボタンパクには、中性脂肪を運ぶものやコレステロールを運ぶものがあり、このうちコレステロールを末梢組織に運ぶのがLDL(悪玉コレステロール)、余分なコレステロールを末梢組織から回収して肝臓へ戻すのがHDL(善玉コレステロール)です。LDLが増えすぎたり、HDLが減ったりすると、血液中に余分なコレステロールが増え、動脈硬化の原因になるのです。

[スポンサーリンク]

コレステロールを下げるには?

コレステロールが高い人は、次のことに留意しましょう。

油脂の種類に注意

魚や植物油に含まれる不飽和脂肪酸を多くし、バターなどの飽和脂肪酸を控えます。

コレステロールの過剰摂取はNG

鶏卵・レバー・魚卵などは少なめに。

ビタミンEとβカロテンを摂る

抗酸化ビタミンが悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

中性脂肪を減らすには?

中性脂肪を減らすには、次のものを控えましょう。

甘い物

最も中性脂肪やエネルギーになりやすいのが甘い物です。

お酒

適量なら緊張をほぐし、血液の循環をよくして善玉コレステロールを増やしますが、摂りすぎると中性脂肪が増えます。

夜食

寝る前の3時間以内に飲み食いすると、使われないエネルギーが中性脂肪として蓄積されます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2015年5月9日)
450 views