栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

モッツァレラチーズの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

モッツァレラには、豊富なカルシウムが含まれています。脂質や塩分はプロセスチーズよりも少なめです。

モッツァレラチーズの特徴

モッツァレラチーズはイタリア南西部のカンパニア州が原産のチーズで、モッツァレッラとも表記されます。クセのない味わいで、独特の弾力のある歯ごたえが特徴です。熟成工程を経ないため、フレッシュチーズに分類されます。

モッツァレラという名前は、その製法にちなみ、「引きちぎる」を意味するイタリア語mozzareに由来するとされる説のほか、硬い表面がないため、「シャツを着ない」を意味するscamozzataを語源とする説もあります。

モッツァレラチーズの本来の原料は水牛の乳ですが、牛乳で代用したものもあります。使用する原料によって名称に区別があり、水牛の乳を原料とするものはモッツァレラ・ディ・ブーファラ、牛の乳で代用したものはモッツァレラ・ディ・ヴァッカまたはフィオル・ディ・ラッテといいます。

一般に、水牛の乳を原料とするもののほうが良質とされています。また、乳牛よりも水牛のほうが飼育が難しく、乳の量も少ないため、希少価値から水牛の乳を原料とするもののほうが高価となっています。

モッツァレラチーズは、カード(凝乳)に湯を注いで練り、餅のような弾力が出てきたところで引きちぎって整形されます。重さは一つあたり約280gが標準とされています。そのまま食べるのはもちろん、味や香りにクセがないため、パスタやピザ、グラタンなどの料理に広く使われます。

モッツァレラチーズには、骨や歯の構成に役立つとされるカルシウムが豊富に含まれていますが、脂質や塩分はプロセスチーズよりも少なめです。

[スポンサーリンク]

モッツァレラチーズの人気&簡単レシピ

トマトとモッツァレラのカプレーゼ

バールで食べて美味しかったのを自分好みにアレンジ。超簡単なのにお店よりおいしいかも!と自分でガッツポーズの1品となりました♪ブラックペッパーとバジル多めがポイントです。

トマトとモッツァレラの冷製パスタ

エキストラバージンオリーブオイルの新鮮な風味を存分に楽しめます。パスタを茹でる際は、お湯に対して1%の分量の塩を入れてください。

なすのモッツァレラボート焼き

なすを器に見立てたボート焼き。なすとミートソースだけでシンプルに仕上げ、モッツァレラスライス本来の味わいを楽しみます。とろ〜りとろけてのびるチーズがたまりません!

桃モッツァレラ

いろんなレシピがある中、自分が試して気に入った分量。シンプルなだけに計量が大切です。かける順番と分量さえ守れば、誰でも美味しくできるはず!

生ハム&モッツァレラチーズのサラダ

生ハムが安売りだったときに生ハムサラダが食べたくなり、イタリアン風にしようと思ったのですが、ドレッシングにはオリーブオイルではなくごま油を入れるのが好きな私。

Amazonおすすめ
花畑牧場 60φモッツァレラ 1kg【スライス済み】

楽天市場で人気のモッツァレラチーズ
ザネッティ社製 モッツァレラチーズ 大容量1kg【冷凍/冷蔵可】

[スポンサーリンク]

モッツァレラチーズの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

モッツァレラチーズの食品成分部分をクリックすると開閉します。

モッツァレラチーズ(ナチュラルチーズ)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 276kcal
水分 56.3g
たんぱく質 18.4g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 19.9g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール 62mg
炭水化物 4.2g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 1.3g
ナトリウム 70mg
カリウム 20mg
カルシウム 330mg
マグネシウム 11mg
リン 260mg
0.1mg
亜鉛 2.8mg
0.02mg
マンガン 0.01mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 280μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量)
ビタミンA(レチノール活性当量)
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.19mg
ナイアシン(ビタミンB3) Tr
ビタミンB6 0.02mg
ビタミンB12 1.6μg
葉酸(ビタミンB9) 9μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.06mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC
ビタミンD 0.2μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.6mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 6μg
食塩相当量 0.2g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定

チーズの効能とレシピの記事へ戻る

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。