栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ひらたけ(平茸)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

ひらたけには、ビタミンB群やβ-グルカン、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、二日酔い予防、免疫力強化、生活習慣病予防、鉄の吸収促進、整腸作用、がん予防効果などが期待できます。

ひらたけ(平茸)の効能

ひらたけは熱帯から亜熱帯まで広範囲に分布しており、日本でもかなり古くから食用とされていたことがわかっています。一般に「しめじ」として出回っているものは栽培されたひらたけで、かさが小さく、天然ものとは味も香りもまったく異なります。

ひらたけは、きのこ類のなかではビタミンB群が多いのが特徴です。特にアセトアルデヒドを分解するナイアシンが多いため、煮つけなどにして酒の肴にすれば、二日酔い予防に効果があります。

また、β-グルカンによる免疫力強化・発がん抑制・生活習慣病予防・鉄の吸収促進や、食物繊維による整腸作用・がん予防なども期待できます。同じく食物繊維が豊富な春菊と一緒に摂ると、便秘解消にさらに効果的です。

ひらたけは、かさの色が均一でつやつやしたものを選びます。黄色くなっていたり、へりが垂れ下がっていたりするものは、成長しすぎているので避けましょう。
また、乾燥すると食感が落ちるため、ラップで包むかポリ袋に入れるなどして冷蔵庫の野菜室で保存します。冷凍保存も可能です。

[スポンサーリンク]

ひらたけの人気&簡単レシピ

ひらたけのバターしょうゆ炒め

バターしょうゆの風味で、きのこの旨みがグンとアップ!最初に炒めるときに油を使うと油っぽくなってしまうので、日本酒をふりかけて炒めます。バターとしょうゆはひらたけにじゅうぶん火が通ってから加え、焦げ付いてしまうのを防ぎましょう。

ひらたけの炊き込みご飯

ベチャッとならない炊き込みご飯のコツは必読。きのこの炊き込みご飯は定番ですが、このレシピはきのこを最初に煮ておくのが特徴です。ひらたけには、血液の流れを促進するナイアシンや、エネルギーの代謝をサポートするパントテン酸などが含まれており、生活習慣病の予防にも効果的。

ひらたけとほうれん草ベーコーン炒め

食物繊維豊富なひらたけと、鉄分豊富なほうれん草に、旨みたっぷりなベーコンを合わせた一品です。火が強いと焦げてしまうので、火加減は弱火〜中火で。便秘解消や貧血予防におすすめです。

ひらたけとねぎの炒め物

ひらたけとねぎ!これがすっごく合うんです。炒めすぎず、ねぎのシャキシャキ感を大切に仕上げましょう。仕上げに粗挽きこしょうを使うと、格段に美味しさアップ!

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2142 views