栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

健康

便秘改善は下剤を使う前にまず食生活の見直しから

毎日排便がない状態を便秘だと思っている人がいますが、実は一概にそうともいえません。便秘とは、一般的に2〜3日排便がない状態が続き、不快を感じる状態をいいます。

ただし、排便が2〜3日おきにしかなくても、気持ちよく排便できていれば便秘とはいいませんし、逆に、毎日排便があっても、排便後にまだ便の残っている感じがあったり、お腹が張る感じがあったりすれば、便秘の一種といえます。

[スポンサーリンク]

便秘はさまざまな病気の原因に

便秘の症状で最も多いのが腹部症状で、なかでも腹痛・圧迫感・膨張感などです。腹痛では、左右脇腹や腹全体が重苦しくなり、そこから食欲不振やもたれが起こり、食事が辛くなります。
また、便秘の人は膀胱炎や腎盂炎を起こしやすく、高血圧の人だと血圧が上がりやすくなり、排便時に脳出血を起こすこともあります。

便秘の改善策

便秘の改善には、次の3つを心がけましょう。

食事

  • 食物繊維が豊富な野菜・海藻・きのこ・豆類などを摂る
  • 朝の空腹時に冷たい水または牛乳を飲んで腸を刺激する

運動

  1. 足をのばして座り、両手を床につく
  2. 肩からつま先まで一直線になるように、腰を上げて15秒静止
  3. これを10回繰り返す

マッサージ

お腹を「の」の字にさすることによって排便を促す

自己流の下剤使用は症状悪化の可能性も

食生活を見直す前に下剤を常用して便秘を治そうとするのはNGです。まずは生活習慣の改善を試み、それでも効果が出なければ、薬局に相談してみてください。
ただし、痙攣性便秘のような痛みを伴う場合や痔の人は、すぐに専門の医師に相談して対処してもらうようにしましょう。
自己判断で下剤や浣腸剤を使うと、逆に症状が悪化する場合もあります。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
418 views