栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

スナップえんどうの効能とおすすめレシピ、食品成分表

スナップえんどうには、βカロテンやビタミンB1・B2・K、カリウム、食物繊維が含まれています。
その栄養効果として、高血圧や便秘の予防、免疫力アップ、成長促進、ストレス解消、美肌効果などが期待できます。

スナップえんどうの効能

スナップえんどうに含まれる食物繊維は、消化酵素によって消化されることがなく、栄養価はありませんが、水分を吸収して膨張し、満腹感を得られることから食べすぎを予防すると考えられています。また、腸内で自身に有害物質や発ガン物質などを吸着させながら体外へ排出されるため、ガンの発生を予防するといわれています。

また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄して高血圧を予防するとされ、βカロテンはその抗酸化性によるガンや動脈硬化の予防が期待できます。

そのほか、スナップえんどうに含まれるビタミンCは美肌づくりや老化防止、免疫力アップに役立ち、ビタミンB1は体のエネルギーとなって成長を促進し、筋肉や心機能を正常に保ちます。

また、カルシウムは骨を丈夫にし、骨粗鬆症を予防するほか、ストレス解消にも有効です。

[スポンサーリンク]

スナップえんどうの人気&簡単レシピ

スナップえんどうは、別名「スナックえんどう」と呼ばれ、さやえんどうの一種です。アメリカから輸入された新種で、実が成熟してもさやがやわらかく、丸ごと食べられます。

旬は初夏で、主な産地は福島や愛知、静岡などです。スナップえんどうの主な調理法は、サラダや炒め物です。

おすすめレシピ

スナップえんどうと茹で卵のサラダスナップえんどうと茹で卵のサラダ

ポイントはすり胡麻と醤油!サッと茹で上げたスナップえんどうに、固茹で卵がまったりとベストマッチ♪醤油はお味噌に変えてもおいしく、マスタードやあらびき胡椒など、お好きなものでアレンジを楽しんでみてください♪

ポリポリうまぁ〜!焼きスナップエンドウ焼きスナップエンドウ

焼いただけのスナップえんどうの美味しさ、ご存知ですか?おすすめの焼き加減は、薄っすら焦げ目がつく程度。生でも食べられる野菜なので、火加減にとらわれず、目で確認するのが一番です。そのままで素材の味わいを堪能するのも良し、お好きなディップをつけても、また美味しさアップ!

スナップエンドウとエビの塩炒めスナップエンドウとエビの塩炒め

スナップえんどうのサクサク感がたまらない♪エビと合わせてシンプルに塩で仕上げた炒めものです。スナップエンドウは最初に大さじ1の水で蒸すことがポイント。そうすると甘味も増し、色も鮮やかに仕上がります。

スナップエンドウと海老のパスタスナップエンドウと海老のパスタ

エビとスナップえんどうのシンプルパスタ。生姜をガーリックに変えるとパンチが効いた、男の人好みの味わいに!パスタをフライパンに加えるダイミングも重要です。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2334 views