栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

ビタミンB群

1年1回は経験する人が5割もいる口内炎に効く対策は?

口内炎は約半数の人が1年に1回は経験するという非常に多い病気です。

猛烈に痛むときもあり、食事だけでなく、時にはできた場所によっては会話も辛い口内炎ですが、疲れが蓄積して免疫力が落ちた時期や暴飲暴食して身体に負担が多くかかっている時にできます。

[スポンサーリンク]

多くの人が経験する辛い口内炎ができる理由

口内炎は口内の粘膜が新陳代謝で再生して新しくできていますが、疲労やストレスが蓄積すると粘膜の表面に潰瘍ができ、そこに雑菌が繁殖し炎症が起きてできます。

また、粘膜を歯で誤って噛んだり、熱い食べ物などで粘膜が傷ついたりすると同じようにそこに細菌が繁殖して口内炎ができます。

辛い口内炎にはいろいろなタイプの市販薬あり

唾液が豊富で細菌を口内から排出できるか、または免疫力があると口内炎にはなりません。
辛い口内炎をじっと我慢して治るのを待つ人も多いですが、市販薬があるので、それを利用すると早く痛みからは解放されることが期待できます。

内服薬よりは直接塗るタイプの方が即効性を期待できます。痛みがひどい場合は麻酔薬入りの市販薬も出ています。塗るタイプとスプレータイプがあり、スプレータイプであれば非常に簡単に利用できます。市販薬にはステロイドが配合されているタイプもありますが副作用もあるので使用法を守って使うようにしましょう。

辛い口内炎の予防策

治ってもまたすぐできるような人は、常日頃から口内が乾燥しないように気をつけるとともにうがいや歯みがきを頻繁に行って口内を清潔に保ち、疲労、ストレスを蓄積させないこと、そして暴飲暴食しない食生活を送ることが重要です。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2018年2月17日)
571 views