栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

たたみいわしの栄養効果とレシピ、食品成分表

たたみいわしには、ビタミンB・Eやナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムが含まれています。
その栄養効果として、代謝促進、免疫力強化、ストレス緩和、貧血予防、高血圧予防効果などが期待できます。

たたみいわしの効能

たたみいわしとは、カタクチイワシの稚魚を洗い、生のまま、あるいは一度ゆでてからよしずや木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状または網状に加工した食品のことをいい、神奈川県や静岡県の沿岸部で作られるものが有名です。軽くあぶってからそのまま、または醤油をつけて食べるのが一般的ですが、マヨネーズと七味(または一味)で食べても美味です。パリパリとした食感が特徴で、酒の肴として珍重されています。
たたみいわしには、次の栄養素が豊富に含まれています。

タンパク質

成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝促進に役立つほか、免疫力を高める働きもあります。

ビタミンB1

糖質の代謝を助けてエネルギーを作り出し、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2

皮膚・粘膜の機能維持や成長に役立ちます。

ナイアシン・ビタミンB6

皮膚・粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせる効果があります。

パントテン酸

動脈硬化を予防するほか、ストレスを和らげる働きがあります。

葉酸・ビタミンB12

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや新しい赤血球の生成に欠かせないビタミンです。

ビタミンE

抗酸化作用によって動脈硬化や皮膚・血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。

カルシウム・リン・マグネシウム

骨・歯の構成に必要なミネラルです。

カリウム

疲労回復や利尿作用、高血圧予防に有効です。

[スポンサーリンク]

たたみいわしの人気&簡単レシピ

たたみいわしのチーズ焼き

チーズとろ〜り♪黒胡椒ピリリ!たたみいわしは焦げやすいので、焼きすぎないよう気を付けましょう。

たたみいわしの揚げ豆腐

たたみいわしは焦げやすいので、揚げすぎにはご注意を。豆腐と豆腐の間に挟んで海苔でくるみ、片栗粉をまぶして揚げてもおいしいですよ♪

たたみいわしせんべい

マヨネーズがベストマッチ!カリカリに焼き上げて♪

たたみいわしのネギ炒め

炙って食べる以外のつまみを…と考案。この組み合わせが合わないわけない!たたみいわし自体に塩味があるので、味を見てから調味してください。

たたみいわしのおつまみ

一つ一つの材料をカリッと焼いて、最後に調味料を回しかければ完成!簡単に作れます。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
570 views